第301回:アルファ・ロメオ復興なるか!?
~新生「ジュリア」発表会の会場から(前編)

2015.07.06 エッセイ

2015年6月、510hpを発生するアルファ・ロメオの高性能セダン「ジュリア」が、イタリア国内で披露された。メーカー首脳陣の気合と期待に満ちあふれた発表会の様子や、現地で得られた同モデルの関連情報を、前後編2回に分けて報告する。

ミラノの街中に掲げられた、新生「アルファ・ロメオ・ジュリア」の看板(写真左上)。
ミラノの街中に掲げられた、新生「アルファ・ロメオ・ジュリア」の看板(写真左上)。
ムゼオ・ストリコ・アルファ・ロメオのファザード。真っ赤な色使いが目に鮮やか。
ムゼオ・ストリコ・アルファ・ロメオのファザード。真っ赤な色使いが目に鮮やか。
発表会場の様子。記念すべき瞬間に立ち会うべく、さまざまな国からジャーナリストやメーカー関係者が集まった。
発表会場の様子。記念すべき瞬間に立ち会うべく、さまざまな国からジャーナリストやメーカー関係者が集まった。

気持ち高ぶる発表会

「新型車発表。2015年6月24日、アレーゼに参集せよ」

アルファ・ロメオから久しぶりに届いた、バロッコとは異なる“もうひとつの聖地”への招集状である。ジャーナリストとしてはもちろんのこと、ひとりのアルファ・ロメオ好きとしては、なにはさておき、駆けつけねばなるまい。
アメリカのセントルイスからサンタモニカまで、ヒストリックルート66を楽しみながら横断する“ザ・グレートレース”に参戦中であったにも関わらず、ラリーを途中で抜け出して、飛行機を10時間以上乗り継ぎ、ミラノへと降り立った。

ミラノからクルマで移動すること半時間ほど。マルペンサ空港へ向かう途中にアレーゼの街はある。すでに高速道路上から、アルファレッドのユニークな造作が見えてきた。そう、ムゼオ・ストリコ・アルファ・ロメオ(アルファ・ロメオ歴史博物館)だ。2009年に一度閉鎖されたが、今回、新型車のお披露目に合わせてリニューアルオープンする。それもまた、アレーゼ参りの大きな目的となった。

インターを降り、ものの5分でムゼオへ。鮮やかな赤があしらわれたファザードをたどって、レストアされた建物へ。世界中から招かれたジャーナリストの数は、わずか100名。これにフィアット クライスラー オートモービルズ(FCA)関係者の200名を合わせた、総勢300人限りの発表会がいよいよ始まるのだ。アルファ・ロメオの、世界的に愛されている歴代のエンブレムが壁に飾られている。一番右端には白いカバーがかぶせられていた。エンブレムも変わるらしい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュリアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る