ファルケンから新しいスタンダードタイヤが登場

2015.07.07 自動車ニュース
「ファルケンSINCERA SN832i」

ファルケンから新しいスタンダードタイヤ「SINCERA SN832i」が登場

住友ゴム工業は、ファルケンブランドの新製品「SINCERA(シンセラ) SN832i」を2015年8月から順次発売すると発表した。

 

SINCERA SN832iはウエット性能と低燃費性能を重視したファルケンのスタンダードタイヤである。

トレッド面についてはワイドなストレートグルーブとラテラルグルーブを採用することで排水性を高め、耐ハイドロプレーニング性能を7%向上させた。またトレッドコンパウンド内のシリカの比率を上げることで路面との密着性を高め、ウエット性能を13%高めるとともに、不要な発熱を抑制する「シリカ用低発熱ポリマー」の採用により、転がり抵抗を14%低減させている(いずれも従来品「SINCERA SN828」との比較)。

なお、国内タイヤラベリング制度における評価は、転がり抵抗性能が「A」(5段階評価の上から3番目)、ウエットグリップ性能が「b」(5段階評価の上から2番目、ただし一部のサイズは3番目の「c」)となっている。

発売サイズは145/80R13~205/55R16の31種類。オープン価格での販売となる。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。