V6直噴ターボのリンカーン・ナビゲーター登場

2015.07.07 自動車ニュース
「リンカーン・ナビゲーター」
「リンカーン・ナビゲーター」

V6直噴ターボの「リンカーン・ナビゲーター」登場

フォード・ジャパン・リミテッドは2015年7月7日、リンカーンブランドのフルサイズSUV「ナビゲーター」に大幅改良を実施し、販売を開始した。

リアビューでは、テールゲートを横断するようなデザインのリアコンビランプが特徴。
リアビューでは、テールゲートを横断するようなデザインのリアコンビランプが特徴。
左右対称のダッシュボート形状。新たにタッチパネルやステアリングスイッチ、音声入力で操作する「MyLincoln Touch(マイ・リンカーン・タッチ)」が採用された。
左右対称のダッシュボート形状。新たにタッチパネルやステアリングスイッチ、音声入力で操作する「MyLincoln Touch(マイ・リンカーン・タッチ)」が採用された。
1列目シートにはシートヒーター&クーラー、2列目シートにはシートヒーターが採用されている。
1列目シートにはシートヒーター&クーラー、2列目シートにはシートヒーターが採用されている。

■新デザインのフロントマスクでイメージ一新

今回の改良ではフロントマスクを中心にエクステリアデザインを大幅に変更。また、新たに3.5リッターV6“EcoBoost”エンジンを搭載したり、サスペンションに可変ダンパーを装備したりと、走りに関する部分についても改良が図られている。

具体的には、エクステリアでは今日のリンカーン車のアイコンとなっている「スプリット・ウイング・グリル」を採用したほか、ボンネットフードやヘッドランプの意匠を変更。新たにバイキセノンヘッドランプとLEDポジションランプを用いている。また、リアまわりではテールゲートを左右に横断するデザインのリアテールランプを採用。足元にはダークフィニッシュの20インチアルミホイールを装備している。

一方、インテリアでは左右対称のダッシュボード形状はそのままに、各部にレザーやウォールナットウッドパネルを採用。快適装備として、空調やオーディオ、ハンズフリー通話などの機能を統合制御する「MyLincoln Touch(マイ・リンカーン・タッチ)」や、12セグ地デジチューナーを内蔵したカーナビゲーションシステム、14基のスピーカーからなるプレミアムサウンドシステムなどを備えている。

シートレイアウトは3列8人乗りで、ラゲッジルームには8人乗車時で523リッターの用量を確保。シートを倒せば、最大で2925リッターの容量を得ることができる。

ボディーカラーは「タキシードブラック」と「ホワイトプラチナム」の2色で、ともにインテリアカラーは「ブラック」となっている。

3.5リッターV6直噴ツインターボエンジン。
3.5リッターV6直噴ツインターボエンジン。
乗降時に足元を照らすプロジェクションランプや、自動で展開、格納するパワーランニングボード、パワーテールゲートなどの快適装備も採用されている。
乗降時に足元を照らすプロジェクションランプや、自動で展開、格納するパワーランニングボード、パワーテールゲートなどの快適装備も採用されている。
「タキシードブラック」の「リンカーン・ナビゲーター」。
「タキシードブラック」の「リンカーン・ナビゲーター」。

■アメリカンSUVにもダウンサイジングターボの波が

パワーユニットやドライブトレインについても大幅な変更を行っており、エンジンは従来の5.4リッターV8自然吸気から3.5リッターV6直噴ツインターボに変更された。Ti-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)との組み合わせにより、排気量のダウンサイジングを図りながら、最高出力は81psアップの385ps/5250rpm、最大トルクは13.1kgmアップの63.6kgm/2750rpmを実現している。

また、走行状態を500分の1秒単位でモニタリングし、サスペンションの設定を最適化する可変コントロールダンピング・サスペンションや、EPAS(電動パワーステアリング)、走行モードの切り替え機構「Lincoln Drive Control」を新たに装備。Lincoln Drive Controlについては、サスペンションのセッティングやパワーステアリングのアシスト量を、走行状況に応じて「ノーマル」「スポーツ」「コンフォート」の3種類から選択することができる。このほかにも、6段ATにはマニュアルモードを、4WDシステムにはヒルディセントコントロールを新たに採用している。

ハンドル位置は左のみ。価格は1028万円。

(webCG)
 

関連記事
  • リンカーン・ナビゲーター(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.5 試乗記 アメリカが誇るフルサイズSUVにもエコの波が到来? 伝統のV8に代えて、新たに3.5リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「リンカーン・ナビゲーター」に試乗。その出来栄えに触れ、最新のダウンサイジングターボにできること、できないこととを確かめた。
  • リンカーンMKX(4WD/6AT)【試乗速報】 2008.10.6 試乗記 リンカーンMKX(4WD/6AT)
    ……650.0万円

    リンカーンブランドの日本復活第二弾モデルは「MKX」。セダンの乗り心地とRVの走破性を兼ね備えるというプレミアムSUVに試乗した。
  • リンカーン・ナビゲーター(4WD/6AT)【試乗記】 2008.8.18 試乗記 リンカーン・ナビゲーター(4WD/6AT)
    ……870.0万円

    フォード・ジャパンが新たに導入を開始したフルサイズSUVのナビゲーターに試乗した。少し前にアメリカで大人気を誇ったSUVは、いま日本で乗るにはどうなのだろう?
  • リンカーンMKX(4WD/6AT)【試乗記】 2011.4.12 試乗記 リンカーンMKX(4WD/6AT)
    ……631万5225円

    見た目から中身まで刷新された、リンカーンブランドのSUV「MKX」に試乗。果たして、その仕上がり具合は?
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.4.4 試乗記 全長およそ5.2mという巨体を誇るキャデラックの旗艦モデル「エスカレード」が、2016年モデルに進化。大幅に機能が強化されたインフォテインメントシステムの実力を、アメリカンフルサイズSUVならではの魅力と合わせてリポートする。
  • ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編) 2017.5.4 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。全長わずか2.8mという小さなボディーがもたらすコンパクトな走りは、谷口の目にどう映ったか?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。
ホームへ戻る