ボルボV60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)

熟成されたスポーツモデル 2015.07.13 試乗記 もうすぐラインナップから姿を消すことになる、ボルボの直列6気筒エンジン搭載車。あらためて乗ってみると、このパワーユニットならではの味わいや魅力が伝わってきた。

今しか選べないエンジン

ボルボは現在販売中の……すなわち2015イヤーモデルで、直列6気筒はやめちゃうのだそうだ(厳密には、この6月1日に予約開始となった限定モデル「S60/V60ポールスター」が本当の最後とか)。

ボルボはすでに、自社開発の新世代エンジンをすべて4気筒で統一することを公言している。つまり、ボルボは“直6”どころか、そもそも6気筒エンジン自体から手を引く。先ごろデビューした新フラッグシップの「XC90」も、6気筒の搭載を想定しないパッケージだという。

ご承知のように、罰則をともなうメーカー別CO2排出規制が本格化したEUでは、過給によるエンジン小排気量化の波が急である。小型車中心の欧州メーカーでは、すでに4気筒以下のエンジンしか持たなくなった例も少なくない。

ボルボはどちらかというと“高級”を売りとしていて、大排気量好きの北米市場への依存度も高いが、もとから少数精鋭ラインナップで勝負してきた小規模ブランドでもある。以前のようにフォード傘下にあれば市場ごとにリソースを使い分けることもできようが、現在のボルボは中国車メーカーの吉利(ジーリー)傘下。フィナンシャル上の資本は潤沢だとしても、エンジニアリング資産は自給自足でまかなわなければならない部分が多い。こうした社会情勢や現状を考えれば、彼らの選択はまったく当然のことといえるだろう。

今回はそんな「直6ファイナル!」をうたう「60シリーズ」を題材に開かれたメディア試乗会のご報告である。

今回試乗した「ボルボV60」の「T6」は、3リッター直6ターボエンジン搭載モデル。スウェーデン本国でも、すでに生産が終了している。
今回試乗した「ボルボV60」の「T6」は、3リッター直6ターボエンジン搭載モデル。スウェーデン本国でも、すでに生産が終了している。
インテリアの様子。専用デザインの本革巻きステアリングホイールやシフトノブ、スポーツペダルなどでドレスアップされる。
インテリアの様子。専用デザインの本革巻きステアリングホイールやシフトノブ、スポーツペダルなどでドレスアップされる。
「R-DESIGN」専用となる、本革/パーフォレーテッドレザーのコンビシート。運転席、助手席ともに8ウェイの電動調節機構が備わる。
「R-DESIGN」専用となる、本革/パーフォレーテッドレザーのコンビシート。運転席、助手席ともに8ウェイの電動調節機構が備わる。

ボルボV60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る