ボルボV60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)

熟成されたスポーツモデル 2015.07.13 試乗記 もうすぐラインナップから姿を消すことになる、ボルボの直列6気筒エンジン搭載車。あらためて乗ってみると、このパワーユニットならではの味わいや魅力が伝わってきた。

今しか選べないエンジン

ボルボは現在販売中の……すなわち2015イヤーモデルで、直列6気筒はやめちゃうのだそうだ(厳密には、この6月1日に予約開始となった限定モデル「S60/V60ポールスター」が本当の最後とか)。

ボルボはすでに、自社開発の新世代エンジンをすべて4気筒で統一することを公言している。つまり、ボルボは“直6”どころか、そもそも6気筒エンジン自体から手を引く。先ごろデビューした新フラッグシップの「XC90」も、6気筒の搭載を想定しないパッケージだという。

ご承知のように、罰則をともなうメーカー別CO2排出規制が本格化したEUでは、過給によるエンジン小排気量化の波が急である。小型車中心の欧州メーカーでは、すでに4気筒以下のエンジンしか持たなくなった例も少なくない。

ボルボはどちらかというと“高級”を売りとしていて、大排気量好きの北米市場への依存度も高いが、もとから少数精鋭ラインナップで勝負してきた小規模ブランドでもある。以前のようにフォード傘下にあれば市場ごとにリソースを使い分けることもできようが、現在のボルボは中国車メーカーの吉利(ジーリー)傘下。フィナンシャル上の資本は潤沢だとしても、エンジニアリング資産は自給自足でまかなわなければならない部分が多い。こうした社会情勢や現状を考えれば、彼らの選択はまったく当然のことといえるだろう。

今回はそんな「直6ファイナル!」をうたう「60シリーズ」を題材に開かれたメディア試乗会のご報告である。

今回試乗した「ボルボV60」の「T6」は、3リッター直6ターボエンジン搭載モデル。スウェーデン本国でも、すでに生産が終了している。
今回試乗した「ボルボV60」の「T6」は、3リッター直6ターボエンジン搭載モデル。スウェーデン本国でも、すでに生産が終了している。
インテリアの様子。専用デザインの本革巻きステアリングホイールやシフトノブ、スポーツペダルなどでドレスアップされる。
インテリアの様子。専用デザインの本革巻きステアリングホイールやシフトノブ、スポーツペダルなどでドレスアップされる。
「R-DESIGN」専用となる、本革/パーフォレーテッドレザーのコンビシート。運転席、助手席ともに8ウェイの電動調節機構が備わる。
「R-DESIGN」専用となる、本革/パーフォレーテッドレザーのコンビシート。運転席、助手席ともに8ウェイの電動調節機構が備わる。

ボルボV60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る