第303回:もう「目立たない」なんて言わせない
マツダの未来はデザインにあり!

2015.07.10 エッセイ
「マツダ・デミオ ミッド・センチュリー」と、今回お話を伺ったマツダのスタッフ。左から柳澤 亮さん、木村幸奈さん、二宮誠二さん、土井 歩さん。

「SKYACTIV」でマツダの技術力は広く知られるようになった。となれば、次はデザインに目を向けてもらいたくなるのは当然だろう。「デミオ」に設定された特別仕様車の取材会に参加し、マツダデザインの方向性について話を聞いてきた。

1998年から2004年まで販売されていた9代目「マツダ・ファミリア」。
今日のマツダのデザインの方向性を示したコンセプトカー「マツダ靭(SHINARI)」。2010年に発表された。
マツダの戦略について語る、「デミオ」のチーフエンジニアである商品本部主査の土井 歩さん。デミオに関しては、半年に1台のペースで特別仕様車を投入したいとのこと。
「デミオ ミッド・センチュリー」(手前)と「アーバン・スタイリッシュ・モード」(奥)。

13年前とは様変わり

《たしかに目立たなかった。それは匿名性という分野におけるひとつの達成であるようにさえ思えた。一度目をそらしたら、どんなかたちをしていたかほとんど思い出せなかった》

村上春樹の長編小説『海辺のカフカ』の一節である。登場人物の星野がレンタカー店で目立たないクルマを借りたいとオーダーすると、「マツダ・ファミリア」を勧められる。クルマを一目見て、彼が抱いた感想がこれだった。文学的な表現だが、ずいぶんひどいことを言っている。

この小説が発表されたのは2002年だから、わずか13年前のこと。当時マツダのクルマが持っていたパブリックイメージは、そんなものだった。今や、デザインはマツダの売りのひとつである。時代は変わったのだ。

2002年というのは、マツダがブランドメッセージとして「Zoom-Zoom」を発信し始めた年でもある。この後、2006年からは「Nagare」というデザインテーマのもとにコンセプトカーを次々と発表し、新しいデザインに取り組む姿勢を明確にしていった。2010年に発表された「靭(SHINARI)」からは、デザインテーマ「魂動(こどう)−Soul of Motion」を前面に押し出している。2014年9月に4代目となった「デミオ」も「魂動デザイン」を採用したモデルだ。

2015年4月には、デミオの特別仕様車「Mid Century(ミッド・センチュリー)」「Urban Stylish Mode(アーバン・スタイリッシュ・モード)」が発売された。今回参加したのは、この2台のために開かれた取材会である。特別仕様車でこういう催しが行われることは珍しい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • マツダが「デミオ」を一部改良、特別仕様車も設定 2016.10.14 自動車ニュース マツダがコンパクトカーの「デミオ」を一部改良。内外装の仕様を変更するとともに、運転支援システムの設定を大幅に強化した。また、エンジンのトルク制御で車両の操縦安定性能や快適性を高める「Gベクタリングコントロール」を新たに採用した。
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る