安全装備を強化し、燃費を高めた日産ノート登場

2015.07.07 自動車ニュース
「日産ノートX DIG-S」。外装色は「シャイニングブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「日産ノートX DIG-S」。外装色は「シャイニングブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。

安全装備を強化し、燃費を高めた「日産ノート」登場

日産自動車は2015年7月7日、コンパクトカー「ノート」にマイナーチェンジを実施し、同日販売を開始した。

「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の解説イラスト。
「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の解説イラスト。
ツートンカラーが選べるのは、車体色が「シャイニングブルー」か「インペリアルアンバー」の場合のみ。
ツートンカラーが選べるのは、車体色が「シャイニングブルー」か「インペリアルアンバー」の場合のみ。
「ノートMEDALIST」
「ノートMEDALIST」
「ノートMEDALIST」のインテリア。
「ノートMEDALIST」のインテリア。

今回のマイナーチェンジでは、これまで一部グレードでオプション設定となっていた「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」「LDW(車線逸脱警報)」を、「NISMO」「NISMO S」を除く全グレードに標準で搭載した。

また、スーパーチャージャー付き1.2リッター直3直噴エンジンの搭載車については、減速時に車速が一定以下になると停車前でもエンジンを停止する「停車前アイドリングストップ」を採用。さらに「NISMO S」を除く全グレードのFF車で、エンジンとトランスミッションのチューニングの最適化を図った。これらの改良により、FF車の燃費性能は23.4~26.8km/リッターに改善した。

このほかにも、ボディーカラーでは「シャイニングブルー」「インペリアルアンバー」の車体色に「ブリリアントホワイトパール」のルーフ、サイドミラー、アウトサイドドアハンドルを組み合わせたツートンカラー仕様を追加。ラインナップについては、専用の内外装を備えた「MEDALIST」を新たに自然吸気エンジン搭載車にも設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・X(FF):146万4480円
・X FOUR(4WD):167万6160円
・MEDALIST X(FF):159万4080円
・MEDALIST X FOUR(4WD):180万5760円
・Xエアロスタイル(FF):166万9680円(特別仕様車)
・X FOURエアロスタイル(4WD):188万1360円(特別仕様車)
・X DIG-S(FF):169万4520円
・MEDALIST(FF):189万1080円
・X DIG-Sエアロスタイル(FF):189万9720円(特別仕様車)
・NISMO(FF):196万7760円
・NISMO S(FF):224万4240円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
ホームへ戻る