安全装備を強化し、燃費を高めた日産ノート登場

2015.07.07 自動車ニュース
「日産ノートX DIG-S」。外装色は「シャイニングブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「日産ノートX DIG-S」。外装色は「シャイニングブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
    拡大

安全装備を強化し、燃費を高めた「日産ノート」登場

日産自動車は2015年7月7日、コンパクトカー「ノート」にマイナーチェンジを実施し、同日販売を開始した。

「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の解説イラスト。
「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の解説イラスト。 拡大
ツートンカラーが選べるのは、車体色が「シャイニングブルー」か「インペリアルアンバー」の場合のみ。
ツートンカラーが選べるのは、車体色が「シャイニングブルー」か「インペリアルアンバー」の場合のみ。
    拡大
「ノートMEDALIST」
「ノートMEDALIST」
    拡大
「ノートMEDALIST」のインテリア。
「ノートMEDALIST」のインテリア。 拡大

今回のマイナーチェンジでは、これまで一部グレードでオプション設定となっていた「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」「LDW(車線逸脱警報)」を、「NISMO」「NISMO S」を除く全グレードに標準で搭載した。

また、スーパーチャージャー付き1.2リッター直3直噴エンジンの搭載車については、減速時に車速が一定以下になると停車前でもエンジンを停止する「停車前アイドリングストップ」を採用。さらに「NISMO S」を除く全グレードのFF車で、エンジンとトランスミッションのチューニングの最適化を図った。これらの改良により、FF車の燃費性能は23.4~26.8km/リッターに改善した。

このほかにも、ボディーカラーでは「シャイニングブルー」「インペリアルアンバー」の車体色に「ブリリアントホワイトパール」のルーフ、サイドミラー、アウトサイドドアハンドルを組み合わせたツートンカラー仕様を追加。ラインナップについては、専用の内外装を備えた「MEDALIST」を新たに自然吸気エンジン搭載車にも設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・X(FF):146万4480円
・X FOUR(4WD):167万6160円
・MEDALIST X(FF):159万4080円
・MEDALIST X FOUR(4WD):180万5760円
・Xエアロスタイル(FF):166万9680円(特別仕様車)
・X FOURエアロスタイル(4WD):188万1360円(特別仕様車)
・X DIG-S(FF):169万4520円
・MEDALIST(FF):189万1080円
・X DIG-Sエアロスタイル(FF):189万9720円(特別仕様車)
・NISMO(FF):196万7760円
・NISMO S(FF):224万4240円

(webCG)
 

関連キーワード:
ノート日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 新世代の“働くクルマ”、「ホンダN-VAN」がデビュー 2018.7.12 自動車ニュース 本田技研工業は2018年7月12日、新型商用バン「N-VAN(エヌバン)」を発表した。同年7月13日に販売を開始する。同車はホンダの軽自動車「Nシリーズ」の5車種目となる新型車であり、シリーズ初の商用車である。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る