ホンダ・ジェイドRS(FF/CVT)

通なアナタにオススメしたい 2015.07.14 試乗記 ホンダのロールーフミニバン「ジェイド」に、1.5リッターガソリン直噴ターボエンジンを搭載したスポーツグレード「RS」が登場。ユニークなシートアレンジの利便性と、走りの実力をリポートする。

第一印象は“ターゲット不在”

こんな背の低いミニバン、いまさら誰が買うの? 子育て中のママは買わないだろうし。よくこんなところを狙って商品を出してきたなぁ~。

ジェイドの登場を知ったとき、そう思いました。「ストリーム」の後継、またはハイトミニバン化する前の旧型「オデッセイ」ユーザーの受け皿となるクルマだとはわかるものの、ホンダ1社で4台ものミニバンラインナップをそろえるのは多すぎるのでは。世界戦略車として開発され、中国ではかなり売れていると聞くけれど、国内専用車が断然幅を利かせている日本のミニバン市場では、正直「売れるのかな?」と。

とはいえ、同じミニバンのなかでもそれぞれ個性は違っていて、オデッセイや「ステップワゴン」をファミレスに例えるとするならば、「フリード」はファストフード店。では、ジェイドはというと、“センスのいい大人が通う一軒家レストラン”といったところでしょうか。6人乗りで、2列目が独立した2座で、基本は4人乗りという仕立てはストリーム譲りですが、ジェイドはさらに大人っぽい、贅沢(ぜいたく)な空間になっています。

ハイブリッド車につづき登場した、1.5リッターターボエンジン車のジェイドRSに試乗し、その魅力を探ってみました。

1530~1540mmという、機械式立体駐車場に入る低い車高が特徴の「ホンダ・ジェイド」。ハイブリッド車は2015年2月に、ガソリン車は同年5月に発売された。
1530~1540mmという、機械式立体駐車場に入る低い車高が特徴の「ホンダ・ジェイド」。ハイブリッド車は2015年2月に、ガソリン車は同年5月に発売された。
「ジェイドRS」のインストゥルメントパネルまわり。内装色はブラウンとブラックの2色で、ハイブリッド車に設定のあるアイボリーは用意されていない。
「ジェイドRS」のインストゥルメントパネルまわり。内装色はブラウンとブラックの2色で、ハイブリッド車に設定のあるアイボリーは用意されていない。
シートは「プライムスムース」と呼ばれる合皮とファブリックのコンビタイプが標準で、オプションで本革仕様も用意される。内装色はブラウンとブラックの2色から選択できる。
シートは「プライムスムース」と呼ばれる合皮とファブリックのコンビタイプが標準で、オプションで本革仕様も用意される。内装色はブラウンとブラックの2色から選択できる。
エクステリアでは、「RS」専用のフロントグリルやダーククロム加飾のヘッドライトガーニッシュなどがハイブリッド車との違いとなっている。
エクステリアでは、「RS」専用のフロントグリルやダーククロム加飾のヘッドライトガーニッシュなどがハイブリッド車との違いとなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジェイドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
ホームへ戻る