BMW 218dアクティブツアラー ラグジュアリー(FF/8AT)

マジメの一歩 2015.07.17 試乗記 2リッターのディーゼルターボユニットを搭載する「BMW 218dアクティブツアラー」に試乗。BMWブランド初のFFモデルはディーゼルエンジンを得て、どのような魅力を手にしたのだろうか。

“エンジン屋”の面目躍如

ここ数年にわたり、全てのジャンルを網羅するかのように増殖し続けるBMWの車種バリエーションに、筆者は完全に混乱していた。

そこにきて、駆動方式が違うにもかかわらず同じ「2シリーズ」を名乗る“ツアラー”系が登場し、さらに混乱。筆者的には「Fシリーズ」なんて名前にすればいいのにな……と思ったけれど(前輪駆動を意味するFWDとFamilyをかけてみた)、ともかくここまで幕の内弁当のような「なんでもありまっせ」的な展開をされると、今なお輸入車を“舶来モノ”としてありがたがり、ワクワクしてしまう庶民派の筆者は、それを没個性と取るべきか喜ぶべきか、どうしていいかわからなくなってしまう。

でも、そんな混乱の中でも常に注目すべきはクルマ本来のデキの良しあしであり、それが筆者の背筋をピシャリと正してくれる。218d アクティブツアラーは、なんで排気量が2リッターなのに車名は218なの? とかめんどくさい話は抜きにして、素直に“乗っていいクルマ”であった。

マツダのSKYACTIV-Dが日本市場を開拓したせいか、ここにきて欧州各社が一気に直噴ディーゼル搭載モデルを展開してきた。こうなるとディーゼルエンジンにさえ、それぞれの個性が垣間見えるようになるから面白いのだが、やはり“バイエルンのエンジン屋”はそこで違いを見せつけてきた。

車名は「218d」だが排気量は2リッター。発売は2015年5月20日。試乗した「ラグジュアリー」のほか、標準と「Mスポーツ」の3仕様がある。
BMWの新世代ディーゼル、B47型ユニット。パワースペックは150psと33.7kgm。JC08モード燃費は22.2km/リッター。
インテリアはBMWらしい高品質な仕上がり。センターパネルはドライバーに向けてわずかに角度が付けられている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2シリーズ アクティブツアラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る