第103回:1984-1997-2017――未来は変えられるのか?
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』

2015.07.09 エッセイ

シュワちゃんもロボットも年をとる

『マッドマックス』に続き、大作がリブートする。1984年の『ターミネーター』、1991年の『ターミネーター2』に続く3作目が『ターミネーター:新起動/ジェニシス』だ。2000年代に入ってから『T3』と『T4』が作られているが、あれは正式になかったことになった。ジェームズ・キャメロンが「私にとってはこれが3作目」と話していたから間違いない。ストーリーも、『T2』から直接つながっている。

驚くべきは、主人公をアーノルド・シュワルツェネッガーが演じていることだ。『マッドマックス』はメル・ギブソンからトム・ハーディに交代したが、シュワちゃんは31年の時を経て同じ人物、いや同じロボットの役をこなしている。第1作はボディービルダーとしての名声が頂点に達したころで、まぶしいほどのマッチョマンだった。今や彼も67歳。州知事をやったり家政婦に子供を産ませたり、いろいろな経験をして顔には深いシワが刻まれている。だいたい、ロボットなんだから年をとるのはおかしいではないか。

しかも、『ジェニシス』には若いころのシュワちゃんも出てくる。どちらも量産型殺人マシンのT-800だ。大量生産されているのに明らかに容貌が違うことには理由があった。中身はメカでも、外皮には生体組織を使っているため経年劣化してしまうのだ。初期の製品なので、そのへんの詰めが甘い。

もともとタイムスリップの話だから込み入っているのだが、今回は“新起動”ということで新たな設定が加わり、さらにわかりにくくなっている。まずは『T1』と『T2』の出来事をおさらいしておこう。

(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved. 
(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved. 

第103回:1984-1997-2017――未来は変えられるのか?『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の画像

第103回:1984-1997-2017――未来は変えられるのか?『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の画像

第103回:1984-1997-2017――未来は変えられるのか?『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。