ボルボV70/XC70に装備充実の新グレード登場

2015.07.10 自動車ニュース
「ボルボV70 T4 Classic」(手前)と「XC70 T5 Classic」(奥)。
「ボルボV70 T4 Classic」(手前)と「XC70 T5 Classic」(奥)。

「ボルボV70/XC70」に装備が充実した「Classic」登場

ボルボ・カー・ジャパンは2015年7月9日、ステーションワゴンの「V70」とクロスオーバーモデル「XC70」に一部改良を実施し、販売を開始した。

■サンルーフやレザーシートを標準装備

今回の改良では、両モデルともラインナップを一新。V70には「T4 Classic」「T5 Classic」の2グレードを、XC70には「T5 Classic」「T5 AWD Classic」の2グレードを設定した。いずれもセミアニリン仕上げのレザーシートや、harman/kardon製スピーカーを12基搭載したプレミアムサウンド・オーディオシステム、電動ガラスサンルーフなどを標準で装備している。

主な装備の内容は以下の通り。

V70 T4 Classic/T5 Classic
・パドルシフト
・フロント8ウェイパワーシート
・フロント・シートヒーター
・インスクリプション・パーフォレーテッド・プレミアム・ソフトレザー(フロント:ベンチレーション機能付き)
・専用スカッフプレート(フロント)
・専用フロアマット
・ダークウォールナットウッド・パネル/ロールトップ
・プレミアムサウンド・オーディオシステム/マルチメディア
・12セグ地上デジタルTV(リモートコントロール付き)
・クロムトリム(フロントバンパー)
・チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ
・ルーフレール(シルバー、V70 T5 Classicのみ)
・17インチアルミホイール“Pallene”(シルバー、V70 T4 Classicのみ)
・18インチアルミホイール“Skadi”(シルバーブライト、V70 T5 Classicのみ)

XC70 T5 Classic/T5 AWD Classic
・インスクリプション・パーフォレーテッド・プレミアムソフトレザー(フロント:ベンチレーション機能付き)
・専用スカッフプレート(フロント)
・専用フロアマット
・ダークウォールナットウッド・パネル/ロールトップ
・プレミアムサウンド・オーディオシステム/マルチメディア
・チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ
・17インチアルミホイール“Valder”(シルバー、XC70 T5 Classicのみ)
・18インチアルミホイール“Leda”(シルバー、XC70 T5 AWD Classicのみ)

「V70 T5 Classic」
「V70 T5 Classic」
「XC70 T5 AWD Classic」(手前)と「XC70 T5 Classic」(奥)。
「XC70 T5 AWD Classic」(手前)と「XC70 T5 Classic」(奥)。

■幅広いモデルに新世代のパワーユニットを採用

パワーユニットについても大幅に変更しており、V70 T4では、これまでの1.6リッター直4直噴ターボエンジンと6段デュアルクラッチ式ATの組み合わせに代わり、新開発の“Drive-E”2リッター直4直噴ターボエンジンと6段ATの組み合わせを採用した。これにより、最高出力は190ps、最大トルクは30.6kgmと、それぞれ10ps、6.1kgm向上。燃費もこれまでより1.2km/リッター優れた14.8km/リッターとなった(JC08モード)。

一方XC70では、FFモデルのT5 Classicに最高出力245ps、最大トルク35.7kgmの2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載。8段ATとの組み合わせで、14.5km/リッターという燃費性能を実現している。また4WDモデルのT5 AWD Classicには改良型の2.5リッター直5ターボエンジンと8段ATを採用しており、最高出力は254ps、最大トルクは36.7kgm、JC08モード燃費は11.6km/リッターとなっている。

価格は以下の通り。
・V70 T4 Classic:559万円
・V70 T5 Classic:599万円
・XC70 T5 Classic:619万円
・XC70 T5 AWD Classic:639万円

(webCG)
 

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.29 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのフラッグシップSUV「XC90」に試乗。新プラットフォームが採用された“新世代ボルボ”の走り、乗り心地、そして使い勝手を報告する。
  • ボルボXCシリーズ【試乗記】 2009.12.9 試乗記 XC60 T6 SE AWD(4WD/6AT)/XC70 T6 SE AWD(4WD/6AT)/XC90 ノルディック(4WD/6AT)
    ……638.0万円/668.0万円/624万.0円

    ボルボの2010年モデルを集めた試乗会にスーザン史子が参加。クロスオーバー「XC」シリーズを、まとめて乗り比べてみた。
  • ボルボ XC60 T5 SE(FF/6AT)【試乗記】 2010.8.11 試乗記 ボルボXC60 T5 SE(FF/6AT)
    ……586.0万円

    ボルボのクロスオーバー「XC60」に、2リッター直4ターボと6段ATを組み合わせたFF車が登場。500万円を切るエントリーグレードの走りを試す。
ホームへ戻る