BMW 218dグランツアラー Mスポーツ(FF/8AT)

ただの派生モデルにあらず 2015.07.21 試乗記 “7人で乗れるBMW”「2シリーズ グランツアラー」の、ディーゼルモデルに試乗。そのミニバンとしての実力や、いかに? 走りの質感とあわせてリポートする。

初物づくしのBMW

BMW初のFF車、「2シリーズ アクティブツアラー」から派生したのがグランツアラーである。所帯じみたイメージを嫌うBMWの自称は「7人乗りMPV(多目的車)」。でも、ちまたでは最初から「BMW初のミニバン」と呼ばれている。

しかし、「2シリーズ」というのはもともと「1シリーズ」の2ドアクーペから始まった新設シリーズである。ドアが2枚になると“ひとつ上”になる点では、「3シリーズ」と「4シリーズ」、「5シリーズ」と「6シリーズ」の関係とも同じかと了解していたら、2シリーズにはまったく成り立ちの異なるFFプラットフォームも参入した。
ひとくちに「ビーエムの2シリーズに乗っている」と言っても、高級FRコンパクトクーペからFFミニバンまであるわけで、とても同じシリーズとは思えない品ぞろえである。

BMW初のミニバンには、さらにもうひとつ“お初”がある。輸入ミニバン初のクリーンディーゼル搭載車という売りだ。アクティブツアラーにも追加された2リッタークリーンディーゼルモデル、「218d」がグランツアラーには最初からラインナップされる。ガソリンエンジンには1.5リッター3気筒と、2リッター4気筒があるが、クリーンディーゼルにお値打ち感を持たせる戦略はグランツアラーも同じで、379万円から始まる218dは、1.5リッターガソリンを積む218iの21万円高に抑えられる。
今回試乗したのは、218dの「Mスポーツ」(426万円)である。

BMW初の7人乗りミニバンとなる「2シリーズ グランツアラー」。日本では2015年6月に発売された。
BMW初の7人乗りミニバンとなる「2シリーズ グランツアラー」。日本では2015年6月に発売された。
運転席まわりの様子。多くのBMW車と同様に、インストゥルメントパネルやセンターコンソールがドライバーの方を向いたデザインが採用されている。
運転席まわりの様子。多くのBMW車と同様に、インストゥルメントパネルやセンターコンソールがドライバーの方を向いたデザインが採用されている。
シートヒーター付きの「パーフォレーテッド・ダコタ・レザーシート」。22万1000円のオプションとして用意される。
シートヒーター付きの「パーフォレーテッド・ダコタ・レザーシート」。22万1000円のオプションとして用意される。
「Mスポーツ」の名を冠するテスト車には、スポーティーなデザインの前後バンパーやサイドスカートが備わっていた。
「Mスポーツ」の名を冠するテスト車には、スポーティーなデザインの前後バンパーやサイドスカートが備わっていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2シリーズ グランツアラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る