クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW 218dグランツアラー Mスポーツ(FF/8AT)

ただの派生モデルにあらず 2015.07.21 試乗記 “7人で乗れるBMW”「2シリーズ グランツアラー」の、ディーゼルモデルに試乗。そのミニバンとしての実力や、いかに? 走りの質感とあわせてリポートする。

初物づくしのBMW

BMW初のFF車、「2シリーズ アクティブツアラー」から派生したのがグランツアラーである。所帯じみたイメージを嫌うBMWの自称は「7人乗りMPV(多目的車)」。でも、ちまたでは最初から「BMW初のミニバン」と呼ばれている。

しかし、「2シリーズ」というのはもともと「1シリーズ」の2ドアクーペから始まった新設シリーズである。ドアが2枚になると“ひとつ上”になる点では、「3シリーズ」と「4シリーズ」、「5シリーズ」と「6シリーズ」の関係とも同じかと了解していたら、2シリーズにはまったく成り立ちの異なるFFプラットフォームも参入した。
ひとくちに「ビーエムの2シリーズに乗っている」と言っても、高級FRコンパクトクーペからFFミニバンまであるわけで、とても同じシリーズとは思えない品ぞろえである。

BMW初のミニバンには、さらにもうひとつ“お初”がある。輸入ミニバン初のクリーンディーゼル搭載車という売りだ。アクティブツアラーにも追加された2リッタークリーンディーゼルモデル、「218d」がグランツアラーには最初からラインナップされる。ガソリンエンジンには1.5リッター3気筒と、2リッター4気筒があるが、クリーンディーゼルにお値打ち感を持たせる戦略はグランツアラーも同じで、379万円から始まる218dは、1.5リッターガソリンを積む218iの21万円高に抑えられる。
今回試乗したのは、218dの「Mスポーツ」(426万円)である。

BMW初の7人乗りミニバンとなる「2シリーズ グランツアラー」。日本では2015年6月に発売された。
BMW初の7人乗りミニバンとなる「2シリーズ グランツアラー」。日本では2015年6月に発売された。 拡大
運転席まわりの様子。多くのBMW車と同様に、インストゥルメントパネルやセンターコンソールがドライバーの方を向いたデザインが採用されている。
運転席まわりの様子。多くのBMW車と同様に、インストゥルメントパネルやセンターコンソールがドライバーの方を向いたデザインが採用されている。 拡大
シートヒーター付きの「パーフォレーテッド・ダコタ・レザーシート」。22万1000円のオプションとして用意される。
シートヒーター付きの「パーフォレーテッド・ダコタ・レザーシート」。22万1000円のオプションとして用意される。 拡大
「Mスポーツ」の名を冠するテスト車には、スポーティーなデザインの前後バンパーやサイドスカートが備わっていた。
「Mスポーツ」の名を冠するテスト車には、スポーティーなデザインの前後バンパーやサイドスカートが備わっていた。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

ディーゼルのデキにうなる

BMW初の7人乗りミニバン、輸入ミニバン初のクリーンディーゼルという、2本柱のなかで、まずエンジンについて触れると、これはすばらしいパワーユニットである。

最高出力150ps、最大トルク33.7kgm。同じ2リッター4気筒ディーゼルターボでも、日本仕様のMINIにはこれまでなかったチューンで、変速機ももちろん、MINIの6段ATに対して、グランツアラーには8段ATが付く。

いわばBMWの太鼓判が押されたFFディーゼルユニットは、ひとことで言うと上等だ。コロコロしたアイドリング音を車外で聞いていると、ガソリンエンジンでないことはわかるが、乗って走りだせば、ディーゼルのデの字もない。いや、わずか1250rpmから最大トルクを出すのはディーゼルならではなのだが、その恩恵を感じるだけで、ネガはない。「豊かなトルク」というけれど、そのおかげでスルスルスルッとシームレスにスピードを上げるさまは、まさにお金持ちになった加速感である。

富士山麓で行われた試乗会は、持ち時間90分。撮影を考えると、高速道路へ足を伸ばす余裕はなかった。どのメディアの乗り手もその条件は同じで、およそ燃費にいい走り方はしていないはずだが、それでも試乗車のトリップコンピューターは、17km/リッター台の平均燃費を示していた。

ターボで過給される2リッター直4ディーゼルエンジン。1750rpmの低回転域から33.7kgmの最大トルクを発生する。JC08モードの燃費値は、21.3km/リッター。
ターボで過給される2リッター直4ディーゼルエンジン。1750rpmの低回転域から33.7kgmの最大トルクを発生する。JC08モードの燃費値は、21.3km/リッター。 拡大
「218dグランツアラー」の0-100km/h加速タイムは、欧州仕様の値で9.3秒。同じく最高速度は205km/hと公表される。
「218dグランツアラー」の0-100km/h加速タイムは、欧州仕様の値で9.3秒。同じく最高速度は205km/hと公表される。 拡大
トランスミッションは8段ATのみ。パーキングブレーキは電動式となる。写真で左下に見えるのは、インフォテインメントシステムを操作するためのiDriveコントローラー。
トランスミッションは8段ATのみ。パーキングブレーキは電動式となる。写真で左下に見えるのは、インフォテインメントシステムを操作するためのiDriveコントローラー。 拡大
「Mライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング483M」と名付けられた、17インチアルミホイール。オプションで18インチも選べる。
「Mライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング483M」と名付けられた、17インチアルミホイール。オプションで18インチも選べる。 拡大
5人乗りの「2シリーズ アクティブツアラー」に比べて、7人乗りの「2シリーズ グランツアラー」は、ホイールベースが110mm長くなっている。
5人乗りの「2シリーズ アクティブツアラー」に比べて、7人乗りの「2シリーズ グランツアラー」は、ホイールベースが110mm長くなっている。 拡大

取りえのシートは子ども用

外観のイメージはほとんど変わらないが、グランツアラーのボディーは5人乗りのアクティブツアラーより22cm長く、9cm高い。ホイールベースも11cm延長されている。

だが、この日、比較のために用意されていたアクティブツアラーと乗り比べてみると、セカンドシートまでの居住まいは変わらなかった。13cmの前後スライド機構を持つ点もアクティブツアラーのリアシートと同じである。

グランツアラーはその後ろに格納式のサードシートを持つ。3列7人乗りだから、ミニバンの資格ありというわけだが、そのサードシートは子ども用だ。2列目を一番前に出しても、大人向きのニールームは現れないし、着座姿勢は直接、床に座るような体育座りそのものだから、子どもといえども、長時間押し込められるのはツラそうだ。ドイツの子どもはしつけがいいのだろう。

全長と全高の拡大がもたらした御利益は、むしろ荷室の容量アップで、かさモノも長尺物もなんでも来いの高い収容能力を誇る。
サードシートはなかなか見事なカラクリで簡単に床下に隠れる。荷室側壁のレバーを引くと、モーターが一瞬ウナり、セカンドシートの背もたれが前に倒れて最大荷室に変わるなど、小技も利いている。

2列目シート。60:40の分割式で、それぞれ前後に13cmスライドできる。背もたれは、40:20:40の割合で分割・前倒し可能。長尺物の積載に対応する。
2列目シート。60:40の分割式で、それぞれ前後に13cmスライドできる。背もたれは、40:20:40の割合で分割・前倒し可能。長尺物の積載に対応する。 拡大
身長160cmの筆者が3列目に座ると、ご覧の通り。写真は2列目シートを最も前方にスライドさせた状態。
身長160cmの筆者が3列目に座ると、ご覧の通り。写真は2列目シートを最も前方にスライドさせた状態。 拡大
荷室の容量は、3列目シート使用時で145リッター。3列目を折りたためば560リッターに、さらに2列目を折りたたむことで最大1820リッターにまで拡大できる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
荷室の容量は、3列目シート使用時で145リッター。3列目を折りたためば560リッターに、さらに2列目を折りたたむことで最大1820リッターにまで拡大できる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます) 拡大
荷室の側壁には、3列目シートのリリーススイッチが備わっている。写真奥側に見えるのは、荷掛けフック。
荷室の側壁には、3列目シートのリリーススイッチが備わっている。写真奥側に見えるのは、荷掛けフック。 拡大

乗れば伝わる高級感

試してみると、グランツアラーは子ども用のサードシートを持つルーミーな5座ワゴンだった。フル7シーターを期待していた人にはお気の毒だが、じゃあ、アクティブツアラーと大して変わらないかといえば、決してそうではない。
ホイールベースの延長と、重量増のおかげで、グランツアラーのほうが明らかに乗り心地がいい。腰から下の動きにより落ち着きがあるのだ。

218dの場合、車重とエンジン性能とのバランスもグランツアラーのほうがいいと思った。この日乗った「218dアクティブツアラー ラグジュアリー」の車重は1530kg。「218dグランツアラー Mスポーツ」より110kg軽く、快速ハッチであることは間違いないが、低速トルクの力強さは少々やりすぎで、雨上がりのぬれた路面でちょっと深めにアクセルを踏みつけると、ホイールスピンが止まらないほどである。その点、グランツアラーはほどほどで、乗り心地のよさとともに、より高級な乗り味を与えてくれる。

ボディーの機能性で最も近いライバルは「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」だろう。しんねりむっつりしたトゥーランより、遊びぐるまとしての華があること、クリーンディーゼルが選べることなどがグランツアラーのアドバンテージだが、価格は高い。試乗車はオプション込みで530万円と知って、目玉が飛び出そうになった。でも、いいけど高いのはBMWの常である。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=田村 弥)

今回試乗した「218dグランツアラー Mスポーツ」には、専用のチューニングが施された「Mスポーツサスペンション」が備わっている。
今回試乗した「218dグランツアラー Mスポーツ」には、専用のチューニングが施された「Mスポーツサスペンション」が備わっている。 拡大
計器類は、オードソックスなアナログ式の2眼タイプ。オプションでヘッドアップディスプレイも用意されている。回転計の数値が低いのは、ディーゼル車ならでは。
計器類は、オードソックスなアナログ式の2眼タイプ。オプションでヘッドアップディスプレイも用意されている。回転計の数値が低いのは、ディーゼル車ならでは。 拡大
3列目シートへの乗り込みは、2列目を前倒しおよびスライドさせて行う。
3列目シートへの乗り込みは、2列目を前倒しおよびスライドさせて行う。 拡大
安全装備も充実の「2シリーズ グランツアラー」。カメラを使った衝突回避・被害軽減ブレーキを盛り込んだ「ドライビング・アシスト」や、「LEDヘッドライト」「リアビューカメラ」などが全車に標準で備わる。
安全装備も充実の「2シリーズ グランツアラー」。カメラを使った衝突回避・被害軽減ブレーキを盛り込んだ「ドライビング・アシスト」や、「LEDヘッドライト」「リアビューカメラ」などが全車に標準で備わる。 拡大

テスト車のデータ

BMW 218dグランツアラー Mスポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4570×1800×1640mm
ホイールベース:2780mm
車重:1640kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:150ps(110kW)/4000rpm
最大トルク:33.7kgm(330Nm)/1750-2750rpm
タイヤ:(前)205/55R17 91W/(後)205/55R17 91W(ブリヂストン・トランザT001 RFT)
燃費:21.3km/リッター(JC08モード)
価格:426円/テスト車=530万円
オプション装備:ルーフレール(4万6000円)/電動パノラマガラスサンルーフ(20万9000円)/電動フロントシート(12万円)/アドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ(13万円)/コンフォート・パッケージ(13万3000円)/アドバンスド・パーキング・サポート・パッケージ(4万3000円)/BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム(6万1000円)/メタリックペイント(7万7000円)/パーフォレーテッド・ダコタ・レザーシート+フロントシートヒーティング(22万1000円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:1169km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

BMW 218dグランツアラー Mスポーツ
BMW 218dグランツアラー Mスポーツ 拡大
テスト車には、オプションの「電動パノラマガラスルーフ」が備わっていた。
テスト車には、オプションの「電動パノラマガラスルーフ」が備わっていた。 拡大
運転席と助手席には、小物の収納スペースが確保される。写真は、可動式アームレストのふたを開いたところ。
運転席と助手席には、小物の収納スペースが確保される。写真は、可動式アームレストのふたを開いたところ。 拡大
荷室のトノカバーは、取り外してフロア下に収納できる。写真は、トノカバーが見られるようにフロアボードを外した状態。
荷室のトノカバーは、取り外してフロア下に収納できる。写真は、トノカバーが見られるようにフロアボードを外した状態。 拡大

関連キーワード:
2シリーズ グランツアラーBMW試乗記

あなたにおすすめの記事