アウディA1 1.0 TFSI(FF/7AT)

クラス最良の出来栄え 2015.07.20 試乗記 アウディのBセグメントコンパクトモデル「A1」に、マイナーチェンジとともに1リッター直3ターボエンジンを搭載したエントリーグレード「1.0 TFSI」が登場。アウディにとって初となる、3気筒エンジンの実力を試した。

古い先入観にとらわれてはいけない

時代は変わったのだなぁ……と、しみじみ思う。古い人間の時代錯誤なのだろうけど、小排気量の3気筒エンジンと聞いて期待感より昔ながらの先入観が膨らんでしまう習性が抜けてなかったのかもしれない。快さにはつながらない振動、ささくれがあるような回転フィール、そしてチカラのなさ。そんなイメージがどうしても先に立ってしまうわけだ。考えてみれば、プジョー/シトロエンの1.2リッターも1.2リッターターボも、「フォード・フィエスタ」の1リッターターボも好感触だったし、私は未体験ではあるが「MINI」のそれも同業の知人たちの間で評判は悪くない。そして今回、アウディ初の3気筒モデルを走らせてみて、もはや根本的に考え方を改める必要がある、と痛感させられた。A1 1.0 TFSI、実に素晴らしかったのだ。

日本ではこの5月にお披露目されたマイナーチェンジ版アウディA1の最大のキモは、その1リッター3気筒エンジン搭載車のラインナップだった。74.5×76.4mmのボア×ストロークを持つ999ccの3気筒エンジンは、「フォルクスワーゲンup!」と基本設計を同じくするが、直噴ターボ化やバランスシャフトの採用などの手が加えられていて、最高出力は95ps/5000-5500rpm、最大トルクは16.3kgm/1500-3000rpm。ボンネットを開けてみるとエンジンルームはスカッとしていて、実にコンパクトだ。おそらく重量の面でも従来型4気筒ユニットよりだいぶ有利で、それは操縦性にもいい影響を与えているのだろうな、という想像が広がっていく。

マイナーチェンジによって1リッター3気筒モデルが追加された「アウディA1」。日本では2015年5月に発表され、6月に発売された。
マイナーチェンジによって1リッター3気筒モデルが追加された「アウディA1」。日本では2015年5月に発表され、6月に発売された。
インテリアでは、アルミ調やハイグロスブラックの加飾パーツの使用を増やし、質感を高めている。
インテリアでは、アルミ調やハイグロスブラックの加飾パーツの使用を増やし、質感を高めている。
「1.0 TFSI」に搭載される1リッター直3直噴ターボエンジン。アイドリングストップ機構との組み合わせで、22.9km/リッターという燃費性能を実現している(JC08モード)。
「1.0 TFSI」に搭載される1リッター直3直噴ターボエンジン。アイドリングストップ機構との組み合わせで、22.9km/リッターという燃費性能を実現している(JC08モード)。

アウディA1 1.0 TFSI(FF/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A1の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る