フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSI Rライン(FF/7AT)/パサートTSIハイライン(FF/7AT)

控えめ、やめました 2015.07.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「フォルクスワーゲン・パサート」に試乗。安全性から実用性、快適性、走り、そして環境性能まで、全方位的に進化したというミドルサイズ“ワーゲン”のゴキゲン具合やいかに? 試乗会からの第一報。

まずは1.4ガソリンターボから

試乗会の技術プレゼンテーションに登壇したフォルクスワーゲン(VW)広報マン氏の第一声は、「みなさん、ゴキゲンですかー!」だったのに、あとで同じ人にパサートの直近の販売台数を訊(たず)ねたら、「ドキッ……」と言った。

新型パサートは、今度こそなんとしても日本市場で拡販を図りたいミドルクラスVWである。大攻勢に出ているメルセデスに対して、今年導入されるVWの大型ニューカマーはこの8代目パサートだけ。これから半年足らずの2015年内で7000~8000台に置いた目標販売台数は、2014年トータルの2倍に近い。

開発コード“B8”は、VWとしては現行「ゴルフ」初出の次世代プラットフォーム“MQB”でつくられる初めてのパサートである。ボディー外寸は先代とほぼ同じだが、ホイールベースは8cm延びた。ボディー全長を変えずに、ホイールベースのみをこれだけ延ばせるところが、MQB戦略の妙なのだろう。

日本では、2016年がVWのクリーンディーゼル元年になるはずで、その皮切りがパサートである。しかし今回の初荷は、1.4リッター4気筒ターボのみ。気筒休止システムやアイドリングストップ機構を備える最新の直噴ユニットが搭載される。

1台65分の試乗枠で、セダンとヴァリアントにチョイ乗りしてみた。

2015年7月16日に国内販売が始まった新型「パサート」。従来同様、セダンとヴァリアント(ワゴン)があり、まずは1.4リッターのガソリンターボエンジンのみの設定となる。
外観と同様に、ダッシュボードも直線的。フロントグリルのデザインを反復するかのように、3本の水平バーで構成されたエアコンのエアベントがダッシュボードを横断している。写真は「パサートヴァリアントTSI Rライン」。
150psと25.5kgmを発生する1.4リッターガソリンターボエンジン。JC08モード燃費は20.4km/リッター。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。
  • フォルクスワーゲン・パサートTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2015.8.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」が8代目にモデルチェンジ。セダンの「TSI Rライン」を借り出し、新プラットフォームと1.4リッター直噴ターボエンジンがかなえる走りや、内外装の質感、運転支援システムの出来栄えなど、その実力を多角的にチェックした。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
ホームへ戻る