メルセデス、Sクラス クーペに右ハンドルを追加

2015.07.14 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツS550クーペ」
「メルセデス・ベンツS550クーペ」

メルセデス、「Sクラス クーペ」に右ハンドルを追加

メルセデス・ベンツ日本は2015年7月14日、「Sクラス クーペ」に新グレード「S550クーペ」を追加し、販売を開始した。

 
メルセデス、Sクラス クーペに右ハンドルを追加の画像

Sクラス クーペは現行型「Sクラス」をベースとするメルセデスのフラッグシップクーペである。日本では2014年10月に発売されており、これまではメルセデスAMGの「S65クーペ」と「S63 4MATICクーペ」、および「S550 4MATICクーペ」の3モデルがラインナップされていた。

今回追加されたS550クーペは、4.7リッターV8直噴ツインターボエンジンにFRの駆動方式を組み合わせた新グレードであり、トランスミッションにはSクラス クーペとして初めて9段AT「9G-TRONIC」を搭載。またSクラス クーペのラインナップの中では唯一の右ハンドル仕様となる。

装備は充実しており、前方の路面状況に応じてサスペンションのダンピングを制御する「マジックボディコントロール」を標準で採用。コーナリング時に車体を内側に傾けることで乗員にかかる横加速度を軽減し、より安定したコーナリングを実現する「ダイナミックカーブ機能」も搭載している。

価格は1740万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Sクラス クーペメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
ホームへ戻る