アウディA1 1.0 TFSI(FF/7AT)

今、いちばんコーナリングが楽しいアウディ 2015.07.17 試乗記 249万円からという価格設定と、アウディ初の3気筒エンジンで注目を集めている「A1 1.0 TFSI」。A1の新しいエントリーモデルは、いまだかつてないほどに峠道で楽しめるアウディに仕上がっていた。

シフトパドルをつけてくれ!

アウディA1に新搭載された1リッター3気筒エンジンは、同じグループのフォルクスワーゲンでも基幹ユニットである。日本でおなじみの「up!」はこれの自然吸気版を使っているし、欧州の「ポロ」にも、up!と同じ自然吸気版のほか、A1と同様の直噴ターボも、出力ちがいで数種類が用意される。

A1の「1.0 TFSI」はグループ内の1リッターでは上から2番目の高性能型。95ps/16.3kgmというピーク性能は、他社の同類と比較してもハイチューンの部類に入る。
そういうこともあって、このエンジンはけっこうターボ感が濃厚。3000~3500rpmをさかいにドーンとパワーが出て、本格過給領域の動力性能はお世辞ぬきでスポーツエンジンと呼んでいいレベル。しかも、A1の場合は7段デュアルクラッチとの組み合わせなので、過給ラグもけっこうダイレクトなのだ。

今回用意された試乗車は、アウディにしてはめずらしく(?)標準の15インチを履いていた。タイヤ銘柄もプレミアム系とはいえエコタイヤ。スペックを見るだけだと「グリップ不足かも?」と思わせたが、そうではなかった。
ハナが軽いから、とにかく曲がりが軽快。今回はセミウエットだったが、ステアリングの利きも不満なし。ポロに続く電動パワステの感触も良好。さらにスタビリティー制御の“ESP”にスポーツモードが用意されるのも、ノーマル系のBセグメント車ではめずらしい。これほど自由自在に振り回せるアウディ体験は初めてかも……というほどに、A1の3気筒はせまい山道で留飲の下がるクルマだ。

ひとつだけ残念だったのが、エントリーモデルゆえか、シフトパドルの用意がないことで、今回ほど「パドルほしー!」と思ったアウディも初めてだった。このクルマがそれだけアナログ的に快活なハンドリングと、明快にさく裂するパワーバンドを持っているから。いや、ホント、これは今いちばんコーナリングが面白いアウディだと思う。

(文=佐野弘宗/写真=向後一宏)

【スペック】
全長×全幅×全高=3985×1740×1425mm/ホイールベース=2465mm/車重=1120kg/駆動方式=FF/エンジン=1リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ(95ps/5000-5500rpm、16.3kgm/1500-3500rpm)/トランスミッション=7AT/燃費=22.9km/リッター(JC08モード)/価格=249万円
 

マイナーチェンジで「アウディA1」に追加された新グレード「1.0 TFSI」。アウディ初の3気筒エンジン搭載車である。
マイナーチェンジで「アウディA1」に追加された新グレード「1.0 TFSI」。アウディ初の3気筒エンジン搭載車である。
「A1 1.0 TFSI」のインテリア。上級グレードとは異なり、シフトパドルは装備されない。
「A1 1.0 TFSI」のインテリア。上級グレードとは異なり、シフトパドルは装備されない。
1リッター直3直噴ターボエンジンは95psの最高出力と16.3kgmの最大トルクを発生。燃費はJC08モード計測で22.9km/リッターとなっている。
1リッター直3直噴ターボエンジンは95psの最高出力と16.3kgmの最大トルクを発生。燃費はJC08モード計測で22.9km/リッターとなっている。
マイナーチェンジ後の「A1」のラインナップは、3ドア、5ドアそれぞれに3グレードが設定される、全6グレード構成。このうちの4グレードが1リッター車となっている。
マイナーチェンジ後の「A1」のラインナップは、3ドア、5ドアそれぞれに3グレードが設定される、全6グレード構成。このうちの4グレードが1リッター車となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A1の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る