メルセデス・ベンツE220ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)

せめぎあう「重さ」と「軽さ」 2015.07.21 試乗記 「メルセデス・ベンツ Eクラス」に、クリーンディーゼル仕様の新たなエントリーモデル「E220ブルーテック」が登場。今日におけるEクラスの走りの質をリポートする。

“アガリの一台”たりうるか?

欧州に遅れることはや幾年(いくとせ)。日本の自動車を取り巻く環境で、ようやくクリーンディーゼルがブームを作りつつある。
そこに先鞭(せんべん)をつけたのがメルセデスであり、2006年に「E320CDI」を日本に導入したときから、これを次世代のスタンダードにと取り組んできた。それが知識人や意識の高い人々には理解されこそすれ、日本ですぐさま本流となり得なかったのは、ひとえに価格が高かったからだろう。例えば現行「E350ブルーテック」などは、エコというには豪勢な3リッターV6直噴ディーゼルターボをボンネットの下に収め、800万円オーバーという豪気なプライスを掲げている。われわれ平民が「あれいいよね~」なんて語ってみても、その「高いのにエコ」というアンビバレンスを心の底からは理解できなかった。また、今でこそブルーテックは市民権を得たけれど、たいていの余裕のあるお金持ちにとっては、刺激が薄くて食指の動かない「ふ~ん」な存在だったと思うのだ。

だからこそ、E220の登場にはソソられた。試乗車自体は724万円とちょっとお高いステーションワゴンのアバンギャルドだったが、4ドアセダンの素(す)のE220ブルーテックなら599万円である。お金持ちなのにディーゼルが欲しい、あるいはとっくに持っている、というステキな方は、この際放っておく。E220は、いまだにジドウシャを愛するアラフォー以上の男子が(女子でもいいんですけどね)、ベンツのディーゼルを「アガリの一手」もしくは「いいクルマに乗りたい!」と思って選ぶに足るか? それを確かめることに、仕事とはいえ思わずハナ息が荒くなった。

2.2リッター直4ディーゼルターボを搭載した「E220ブルーテック」。日本では2015年3月末に予約受付が開始された。
2.2リッター直4ディーゼルターボを搭載した「E220ブルーテック」。日本では2015年3月末に予約受付が開始された。
排出ガスの浄化システムには、窒素酸化物を水と窒素に還元するSCR触媒コンバーターやDPF(粒子状物質除去フィルター)を採用している。
排出ガスの浄化システムには、窒素酸化物を水と窒素に還元するSCR触媒コンバーターやDPF(粒子状物質除去フィルター)を採用している。
「E220ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド」のインテリア。内装色はブラック、加飾パネルはブラックアッシュウッドが用いられている。
「E220ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド」のインテリア。内装色はブラック、加飾パネルはブラックアッシュウッドが用いられている。
 
メルセデス・ベンツE220ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス ステーションワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る