テスラがモデルSの4WDモデルを日本で初公開

2015.07.16 自動車ニュース
「テスラ・モデルS P85D」
「テスラ・モデルS P85D」

テスラが「モデルS」の4WDモデルを日本で初公開

テスラモーターズジャパンは2015年7月15日、セダンタイプの電気自動車「モデルS」の4WDモデルを日本で公開した。納車は同年8月以降を予定している。

走行モードはインパネ中央のタッチスクリーンで選択可能。0-100km/hが3.3秒という動力性能を発揮させるためには、「ACCELERATION」の項目で「INSANE」を選ぶ必要がある。
走行モードはインパネ中央のタッチスクリーンで選択可能。0-100km/hが3.3秒という動力性能を発揮させるためには、「ACCELERATION」の項目で「INSANE」を選ぶ必要がある。
「P85D」のフロントのトランクルーム。モーターを積む関係で、2WDモデルよりも容量が小さくなっている。
「P85D」のフロントのトランクルーム。モーターを積む関係で、2WDモデルよりも容量が小さくなっている。

テスラがモデルSの4WDモデルを日本で初公開の画像

■高性能モデルの0-100km/h加速は3.3秒

テスラ・モデルSの4WDシステムは、前軸用と後軸用に2つのモーターを搭載した「デュアルモーター駆動システム」と呼ばれるもので、フロントとリアのホイールに伝達するトルクを個別に制御することで、高いトラクション性能を実現しているという。

ラインナップは、前後に最高出力193kWのモーターを2基搭載し、70kWhのバッテリーを組み合わせた「70D」、同じく193kW のモーターを2基と、85kWhのバッテリーを搭載した「85D」、そしてフロントに193kW、リアに375kWのモーターを搭載し、85kWhのバッテリーと組み合わせた「P85D」の計3種類。高性能モデルのP85Dに関しては、0-100km/h加速が3.3秒という動力性能を実現している。価格は70Dが951万円、85Dが1075万2000円、P85Dが1315万8000円。

なお、今回の4WDモデル導入に伴い、2WDモデルについてはラインナップを整理。85kWhのバッテリーを搭載した「85」のみとなった。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)【試乗記】 2013.4.18 試乗記 テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)

    日本でも今年中にデリバリーが開始されるというテスラのEV(電気自動車)サルーン「モデルS」。北米のEVベンチャーが初めて手掛けたフルオリジナルモデルを、日本の道で試した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】NEW 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
ホームへ戻る