第15回:自転車――改正道交法が語る“意味”(その4)
大人げなかった話(前編)

2015.07.16 エッセイ

シートベルトの効果を大々批判

ああ、俺もずいぶん大人になったものだ、と、改正道交法が語る意味に思いを巡らせながら実感する私なのだった。あの頃は、確かに大人げなかったな、と。

“あの頃”というのは30年近くも前、「第2次交通戦争」と呼ばれた時代の初期、このままでは交通事故死者数が1万人を超えてしまうのも時間の問題と言われていた頃である。
そんなある日、『月刊交通』(警察庁・交通局編)なる雑誌に「シートベルト――その歩みと展望」という記事が唐突に掲載された。

おやッ、と思うわけである。

このタイミングでシートベルト問題。しかも、記事を読み進めてみると、シートベルトを着用することによる劇的な安全効果がそこに書いてあるではないか。
で、ピンとくるわけだ。

警察は、シートベルト着用を義務化するつもりだな――と。

記事には「昭和58年の交通事故統計に基づく、シートベルト着用による被害軽減に関する定量的推計」が紹介されており、こんなふうに続いていた。

「……以上の統計数値に基づき、四輪車単独事故および四輪車相互事故における、前席乗車中の者の交通事故死者、重傷者、軽症者の数が、シートベルトの着用率の向上によって、どの程度減少するかに関する推計を行ってみた結果は表の通りである」

数学とか統計とか、その類いの分野にはまるで疎い文科系の私である。掲載された計算式を見ても初めのうちは「ふ~ん」の感想しか浮かばなかった。けれど、やがて、え~ッ、ちょっと話がおかしいんじゃないの、となった。

おかしいよ、これ――と。

計算式(注・省略)の基になった数字は第2次交通戦争の時代に突入する直前、交通事故死者数が9520人に達した1983年(昭和58年)のもので、自動車乗車中のうちの前席乗車中に死亡した「3077人」について検討していた。シートベルトの着用率が上ると、この3077人という数はどのように減少していくか、という計算だった。
着用率が50%になれば3077人は2074人にまで減り、60%なら1709人に、90%にまで上れば3077人は615人にまで減る、計算式によるとそうなっていた。シートベルトの絶大な効果を統計学で導きだしたわけである。

で、私は、この記事を大々批判する記事を書いた。
・この計算は、証明できるわけがない「交通安全のお守りの効果」を証明しているのと同じだ。
・シートベルトの着用率が上がっても、この計算どおりに事故死者が減ることは絶対に絶対に絶対に絶対にない。
と、記事の内容を4行要約するとこんな感じだった。

すると……

 
第15回:自転車――改正道交法が語る“意味”(その4)大人げなかった話(前編)の画像
 
第15回:自転車――改正道交法が語る“意味”(その4)大人げなかった話(前編)の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。