マツダCX-3 XDツーリング(FF/6AT)/CX-3 XDツーリング Lパッケージ(4WD/6AT)

ブームで終わらせないために 2015.07.22 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載したマツダのコンパクトSUV「CX-3」で、初夏の北海道をドライブ。FF車と4WD車の比較試乗を通して気づいた、長く付き合えるクルマとなるための条件とは?

北の大地でFF車と4WD車の両方を試す

北海道の旭川空港から占冠村(しむかっぷむら)のトマムリゾートまで、そして翌日は旭川空港へ戻る、およそ260kmのロングドライブをCX-3と共にした。時間に制約のある通常の公道試乗会では気づけないCX-3の美点を存分に味わってほしい、というマツダからの提案である。

往路はFFモデル、帰路は4WDモデルに試乗した。共にトランスミッションは6段ATだ。
ロングドライブで得られる一番のメリットは、1.5リッター直噴ディーゼルエンジンの特性を存分に味わえることだろう。

ただ本音を言うと、このエンジンの良さはそれなりに飛ばしたときの高速巡航性能と、街中でのストップ&ゴーにある。だから今回のように北の大地の一般道を中心に走るロングドライブでは、ひたすらに低速走行での平和な時間が流れ、同乗したカメラマンや担当編集者のK氏との車内での話も、おのずとシャシーの出来栄えに集中してしまった。

オフシーズンの北海道は、東京に比べると圧倒的にクルマが少なく、せかせかとアクセルを踏んでスタートダッシュを決める必要はまったくない。隣町まで見渡せそうな、ひたすらまっすぐな道路を見ながら、ちょっと調子が狂う筆者であった。

往路で試乗した「XDツーリング」(FF車)のインテリア。
往路で試乗した「XDツーリング」(FF車)のインテリア。
「XDツーリング」には、合成皮革とクロスのコンビシートが装備される。
「XDツーリング」には、合成皮革とクロスのコンビシートが装備される。
ひたすらまっすぐな道が続く北海道。試乗日は交通量も少なく、低速でえんえんと走り続けるようなシチュエーションが続いた。
ひたすらまっすぐな道が続く北海道。試乗日は交通量も少なく、低速でえんえんと走り続けるようなシチュエーションが続いた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る