三菱がパジェロにオートハイビームを採用

2015.07.16 自動車ニュース
「三菱パジェロ」
「三菱パジェロ」

三菱が「パジェロ」にオートハイビームを採用

三菱自動車は2015年7月16日、SUV「パジェロ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

■安全装備の強化に加え、新色を追加

今回の改良では、ロングボディーの「スーパーエクシード」とショートボディーの「VR-II」に「オートマチックハイビーム」を標準で採用した。この機能は、先行車や対向車の有無など、状況に応じてハイビームとロービームを自動で切り替えるもので、三菱車としては初の採用となる。

内外装については、エクステリアではロングボディーの「GR」(ガソリン車)とショートボディーの「VR-I」に7本スポークの17インチアルミホイールを採用したほか、ロングボディーの「スーパーエクシード」と「エクシード」、ショートボディーの「VR-II」の外装色に「ディープレッドマイカ」を追加。これにより、カラーバリエーションはロングボディーで全7色(「GR」は3色)、ショートボディーで全4色(「VR-I」は3色)の展開となった。

一方インテリアでは、インストゥルメントパネルにソフトな触感の新表皮素材を採用。質感を向上させている。

価格は以下の通り。
・VR-I(ショートボディー・ガソリン車):292万6800円
・VR-II(ショートボディー・ディーゼル車):400万1400円
・GR(ロングボディー・ガソリン車):327万7800円
・GR(ロングボディー・ディーゼル車):375万1920円
・エクシード(ロングボディー・ガソリン車):383万9400円
・エクシード(ロングボディー・ディーゼル車):428万2200円
・スーパーエクシード(ロングボディー・ディーゼル車):495万1800円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パジェロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)【試乗記】 2010.11.1 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)
    ……476万7000円

    「ポスト新長期規制」に適合するクリーンディーゼルエンジンを手に入れた「三菱パジェロ」。名実ともにパワーアップした旗艦モデルをオンロードで試した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る