メルセデス、Cクラスに左ハンドルの特別仕様車

2015.07.16 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC200スポーツエディション」
「メルセデス・ベンツC200スポーツエディション」

メルセデス、左ハンドルの特別仕様車「C200スポーツエディション」を発売

メルセデス・ベンツ日本は2015年7月16日、「Cクラス」に特別仕様車「C200 Sports Edition(スポーツエディション)」を設定し、合計700台限定で注文の受付を開始した。発売は同年7月下旬を予定している。

■スポーティーな外装パーツや各種快適装備を採用

C200スポーツエディションは、「C200アバンギャルド」をベースにスポーティーな外装パーツやエアサスペンションなどからなる「AMGライン」や、シートヒーターやサンルーフといった快適装備を採用した特別仕様車である。またメルセデスAMGの「C63」「C63 S」を除くと、現行Cクラスのカタログモデルにはない左ハンドル車であることも特徴となっている。

ラインナップは人工皮革のシートを備えた「C200スポーツエディション(ベース仕様)」と、本革シートを備えた「C200スポーツエディション(本革仕様)」の2種類。各モデルの特別装備は、以下の通り。

C200スポーツエディション(ベース仕様)
・ベーシックパッケージ(パークトロニック/アクティブパーキングアシスト<縦列・並列駐車>/シートヒーター<前席>)
・AMGライン(レザーARTICO AMGスポーツシート<前席>/AMGスタイリングパッケージ<フロントスポイラー+サイド&リアスカート>/18インチAMG 5スポークアルミホイール/AMGスポーツステアリング/レザーARTICOダッシュボード/ステンレスアクセル&ブレーキペダル<ラバースタッド付き>/AMGフロアマット/「Mercedes-Benz」ロゴ付きブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク<フロント>/AIRMATICアジリティパッケージ)

C200スポーツエディション(本革仕様)
・パノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付き)
・レザーエクスクルーシブパッケージ(ベーシックパッケージ<パークトロニック+アクティブパーキングアシスト[縦列・並列駐車]+シートヒーター[前席]>+ヘッドアップディスプレイ+自動開閉トランクリッド+ハンズフリーアクセス<トランク自動開閉機能>+メモリー付きパワーシート<助手席>+電動ランバーサポート<助手席>+エアバランスパッケージ<空気清浄機能、パフュームアトマイザー付き>)
・AMGライン(AMGスポーツシート<本革、前席>+AMGスタイリングパッケージ<フロントスポイラー+サイド&リアスカート>+18インチAMG 5スポークアルミホイール+AMGスポーツステアリング+レザーARTICOダッシュボード+ステンレスアクセル&ブレーキペダル<ラバースタッド付き>+AMGフロアマット+「Mercedes-Benz」ロゴ付きブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク<フロント>+AIRMATICアジリティパッケージ)

ボディーカラーは「ポーラーホワイト」と「オブシディアンブラック」の2色。インテリアカラーは「ブラック」のみの設定で、インテリアトリムには「ブラックアッシュウッド」が用いられている。

各仕様の価格と販売台数は以下の通り。

C200スポーツエディション(ベース仕様):606万円
ポーラーホワイト(167台)/オブシディアンブラック(168台)

C200スポーツエディション(本革仕様):680万円
ポーラーホワイト(183台)/オブシディアンブラック(182台)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る