ホンダN-ONEにスポーティーなローダウン仕様

2015.07.17 自動車ニュース
「ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN」
「ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN」

「ホンダN-ONE」にスポーティーなローダウン仕様が登場

本田技研工業は2015年7月17日、軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「N-ONE Premium Tourer」のインテリア。
「N-ONE Premium Tourer」のインテリア。
今回のマイナーチェンジでは、ボディーカラーに新色3色が追加された。(写真をクリックすると、新色の「プレミアムピンク・パール」「ブリティッシュグリーン・パール」「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」が見られます)
今回のマイナーチェンジでは、ボディーカラーに新色3色が追加された。(写真をクリックすると、新色の「プレミアムピンク・パール」「ブリティッシュグリーン・パール」「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」が見られます)
「N-ONEモデューロX」
「N-ONEモデューロX」
「N-ONEモデューロX」のバッジ。
「N-ONEモデューロX」のバッジ。

■多くの立体駐車場への入庫が可能に

今回のマイナーチェンジでは、スポーティーな低全高タイプの新グレード「G・LOWDOWN(ローダウン)」と「Premium Tourer・LOWDOWN」を追加設定。新デザインのルーフやスポイラー、ローダウンサスペンションの採用によって全高を65mm下げ、多くの立体駐車場に入庫可能な1545mmとしている。

内外装の変更も行っており、全車のフロントグリルやフロントバンパーにメッキモールを追加。「N-ONE Premium」の3グレードには、ドアサッシュモールやプライムスムース(合成皮革)とジャージのコンビシートを採用した。また、外装色に「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」「ブリティッシュグリーン・パール」「プレミアムピンク・パール」の新色3色を追加。カラーバリエーションは「2トーンカラースタイル」を含む全28種類となった。

■N-ONEにモデューロのコンプリートカーが登場

また、「N-BOX(エヌボックス)」から導入を進めているコンプリートカー「Modulo(モデューロ)X」を、N-ONEにも設定した。

具体的には、FFのターボエンジン搭載車をベースに、エアロバンパーやフロントグリル、サイドシルガーニッシュ、専用デザインのマフラーなどでエクステリアをドレスアップ。また高剛性のバンパービームや同車専用のサスペンション、ブレーキパッド、アルミホイールなどを採用し、CVTのSレンジや電動パワーステアリングに専用セッティングを施すことで、「上質で軽快な走り」を実現しているという。

価格は、N-ONEが118万5000円~163万4400円、N-ONE Premiumが149万円~169万8000円、モデューロXが189万8000円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施 2017.6.15 自動車ニュース スズキは、クロスオーバー「SX4 Sクロス」を一部仕様変更し、2017年7月6日に発売する。今回の変更の主な内容は、新しいフロントデザインの採用と内装の質感向上、6段ATの採用など。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ホンダN-ONE G・Lパッケージ(FF/CVT)【試乗記】 2013.2.7 試乗記 ホンダ N-ONE G・Lパッケージ(FF/CVT)
    ……136万750円

    今日も快進撃を続けるホンダの新しい軽自動車「Nシリーズ」。最新モデル「N-ONE」のインプレッションを通して、低価格・低燃費に血道を上げるライバルとは一線を画す、Nシリーズの人気の秘訣(ひけつ)を探る。
ホームへ戻る