ホンダN-ONEにスポーティーなローダウン仕様

2015.07.17 自動車ニュース
「ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN」
「ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN」

「ホンダN-ONE」にスポーティーなローダウン仕様が登場

本田技研工業は2015年7月17日、軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「N-ONE Premium Tourer」のインテリア。
「N-ONE Premium Tourer」のインテリア。
今回のマイナーチェンジでは、ボディーカラーに新色3色が追加された。(写真をクリックすると、新色の「プレミアムピンク・パール」「ブリティッシュグリーン・パール」「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」が見られます)
今回のマイナーチェンジでは、ボディーカラーに新色3色が追加された。(写真をクリックすると、新色の「プレミアムピンク・パール」「ブリティッシュグリーン・パール」「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」が見られます)
「N-ONEモデューロX」
「N-ONEモデューロX」
「N-ONEモデューロX」のバッジ。
「N-ONEモデューロX」のバッジ。

■多くの立体駐車場への入庫が可能に

今回のマイナーチェンジでは、スポーティーな低全高タイプの新グレード「G・LOWDOWN(ローダウン)」と「Premium Tourer・LOWDOWN」を追加設定。新デザインのルーフやスポイラー、ローダウンサスペンションの採用によって全高を65mm下げ、多くの立体駐車場に入庫可能な1545mmとしている。

内外装の変更も行っており、全車のフロントグリルやフロントバンパーにメッキモールを追加。「N-ONE Premium」の3グレードには、ドアサッシュモールやプライムスムース(合成皮革)とジャージのコンビシートを採用した。また、外装色に「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」「ブリティッシュグリーン・パール」「プレミアムピンク・パール」の新色3色を追加。カラーバリエーションは「2トーンカラースタイル」を含む全28種類となった。

■N-ONEにモデューロのコンプリートカーが登場

また、「N-BOX(エヌボックス)」から導入を進めているコンプリートカー「Modulo(モデューロ)X」を、N-ONEにも設定した。

具体的には、FFのターボエンジン搭載車をベースに、エアロバンパーやフロントグリル、サイドシルガーニッシュ、専用デザインのマフラーなどでエクステリアをドレスアップ。また高剛性のバンパービームや同車専用のサスペンション、ブレーキパッド、アルミホイールなどを採用し、CVTのSレンジや電動パワーステアリングに専用セッティングを施すことで、「上質で軽快な走り」を実現しているという。

価格は、N-ONEが118万5000円~163万4400円、N-ONE Premiumが149万円~169万8000円、モデューロXが189万8000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
N-ONEホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX【開発者インタビュー】 2017.9.29 試乗記 2017年夏にフルモデルチェンジした「ホンダN-BOX」は、外観は徹底したキープコンセプトとした一方で、エンジンやプラットフォームを刷新するなど、“見えないところ”で大きな進化を遂げている。その背景にはどんな思いが込められているのか? 開発責任者の白戸清成さんに話を伺った。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真
  • 谷口信輝の新車試乗――ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda S... 2017.11.2 mobileCG