メルセデス・ベンツGLE400 4MATICクーペ(4WD/9AT)/メルセデスAMG GLE63 4MATICクーペ(4WD/7AT)/メルセデス・ベンツGLE350d 4MATIC(4WD/9AT)

違いはフットワークにあり 2015.07.22 試乗記 「メルセデス・ベンツMクラス」がビッグマイナーチェンジを受けて「GLE」に進化。併せてラインナップに「GLEクーペ」が加わった。布陣が強化されたメルセデスの新しいミドルクラスSUVの実力は? オーストリア・キッツビュールで行われた国際試乗会からの第一報。

今年はSUVの強化期間

Cセグメント系の「GLA」をエントリーに、「GLK」、「M」そして「GL」と、他社に負けじとSUVモデルを豊富にラインナップするメルセデス。が、同じドイツのライバルたちが数字に沿って整然とそれを並べているのに対すれば、確かに散漫な印象は拭えない。それもあってか、日本市場においては「メルセデス=SUV」というイメージは他メーカーに比べると低く、認知度の向上が課題のひとつとなっているという。

それらの事柄を踏まえてか、今後、メルセデスのSUVはタイプを示す「GL」と、クラスや車格を示す「A・C・E・S」の組み合わせで車名が記されるようになる。つまりGLKの後継車種は「GLC」、GLの後継車種は「GLS」、そしてMクラスのマイナーチェンジとなるこのモデルが「GLE」というわけだ。

GLCは先の上海モーターショーで既にアウトラインはお披露目済み。そしてGLSは2015年内の発表が公言されている。今ごろかよと言われそうだが、気づけば今年はメルセデスにとって、SUV強化期間ということなのかもしれない。

そして、その強化期間をことさら印象づけることになるだろう、GLEの登場に合わせてデビューした新たなモデルが「GLEクーペ」である。これすなわち、BMWでいえば「X5」と「X6」の関係と同じじゃんというツッコミにもメルセデスの側は動じない。開発担当はシャシーダイナミクスにおいて、GLEとは別のキャラクターに仕立ててあるとその商品力に自信をのぞかせる。とはいえライバルの動向もみるに販売台数が望めない……ということで、日本市場への導入が決まったのはつい最近のことらしい。

「Mクラス」のマイナーチェンジモデルに当たる「GLE」(写真左)は2015年4月のニューヨークショーで発表された。一方、そのクーペモデル「GLEクーペ」(右)は一足先に2015年1月のデトロイトショーで公開された。
「Mクラス」のマイナーチェンジモデルに当たる「GLE」(写真左)は2015年4月のニューヨークショーで発表された。一方、そのクーペモデル「GLEクーペ」(右)は一足先に2015年1月のデトロイトショーで公開された。
「GLEクーペ」のインテリア。ダッシュボード中央部の液晶パネルが大型化されるなど、従来型「Mクラス」と比較してさまざまな箇所が進化している。
「GLEクーペ」のインテリア。ダッシュボード中央部の液晶パネルが大型化されるなど、従来型「Mクラス」と比較してさまざまな箇所が進化している。
弧を描くルーフラインが印象的な「GLEクーペ」のサイドビュー。
弧を描くルーフラインが印象的な「GLEクーペ」のサイドビュー。
 
メルセデス・ベンツGLE【海外試乗記】の画像
関連記事 ホームへ戻る