第1回:どこがスゴいの? V40 D4

ニューフェイス、かつ本命 2015.07.24 特集 ボルボがいよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本市場に投入。最新鋭の「D4」ユニットの実力と、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略をリポートする。

軸足は完全にクリーンディーゼル

正直、トンでもないプランがいきなりさく裂したな……と思いましたわ。そう、ボルボの5車種同時ディーゼルモデル投入の話だ。具体的には、いま最も売れ線のコンパクトからミディアムクラスまでの5車種、つまり日本市場の「V40」「V40クロスカントリー」「S60」「V60」「XC60」に、この2015年7月から同時に新型2リッタークリーンディーゼルを搭載する。
ほかはデビューから8~9年を経た「V70」「XC70」「S80」に、日本未導入の新型「XC90」ぐらいだから、事実上の“主要ラインナップ同時ディーゼル化”と言ってもいい。

しかも、エンジンそのものもすごい。今回登場した新型ディーゼルは、ボルボの2014年モデルから明らかになった新世代パワートレイン戦略「Drive-E」の一環だ。Drive-Eとは、非常に理にかなった考えに基づくモジュラーエンジン戦略で、まずはこのダウンサイジング時代、5気筒以上のマルチシリンダーは作らないと定め、さらにガソリンエンジンとディーゼルエンジンを共通の基本構造とすることで生産、開発効率を上げ、パワーや味付けは主に過給器やモーターで行う。

つまり、「D4」と呼ばれる新世代クリーンディーゼルユニットも、既に登場している2リッター直4ガソリンターボの「T4」と特徴は同じで、4気筒でありながら6気筒並みの滑らかさを持ち、燃費効率も根本的にいいというもの。もっとも、そこは乗ってみないと分からないので、今回、不躾オザワが味見してみたってわけ。

2012年3月に世界初公開され、日本では2013年2月に発売された「ボルボV40」。これまでにも安全装備の強化やシャシーチューニングの変更といった改良が施されてきた。
2012年3月に世界初公開され、日本では2013年2月に発売された「ボルボV40」。これまでにも安全装備の強化やシャシーチューニングの変更といった改良が施されてきた。
「V40 D4 SE」のインテリア。今回の新型車導入では、各種情報検索や天気予報、グローバルラジオなどのサービスを提供するアプリ「SENSUS CONNECT」の採用もトピックとなっている。
「V40 D4 SE」のインテリア。今回の新型車導入では、各種情報検索や天気予報、グローバルラジオなどのサービスを提供するアプリ「SENSUS CONNECT」の採用もトピックとなっている。
内外装の仕様については、ガソリン車との大きな違いはなし。テスト車の内装色は、「ブロンド」と「チャコール」のツートンカラーとなっていた。
内外装の仕様については、ガソリン車との大きな違いはなし。テスト車の内装色は、「ブロンド」と「チャコール」のツートンカラーとなっていた。
クリーンディーゼル車であることを示す「D4」のエンブレム。新開発のディーゼルエンジンは、他のボルボ車のパワーユニットと同じく、シュブデのエンジン工場で生産される。
クリーンディーゼル車であることを示す「D4」のエンブレム。新開発のディーゼルエンジンは、他のボルボ車のパワーユニットと同じく、シュブデのエンジン工場で生産される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る