プリウスにスポーツコンバージョン車「G's」登場

2011.11.29 自動車ニュース
「プリウスSツーリングセレクション G's」
プリウスにスポーツコンバージョン車「G's」登場

プリウスにスポーツコンバージョン「G's」仕様が登場

トヨタ自動車は2011年11月29日、スポーツコンバージョン車シリーズの第3弾として、「プリウス」のG SPORTS(通称G's)モデル「Sツーリングセレクション G's」を発表した。価格は284万円。12月26日に発売する。


プリウスにスポーツコンバージョン車「G's」登場の画像
イグニッションスイッチは、G'sロゴ付きの専用品となる。
イグニッションスイッチは、G'sロゴ付きの専用品となる。
プリウスにスポーツコンバージョン車「G's」登場の画像

具体的には、スプリングやショックアブソーバーに専用チューニングを施したサスペンションを採用。加えて、補強材やスポット溶接打点の追加により、ベース車と比べてボディー剛性を向上させた。また、専用デザインのバンパーなどを装着して、外観では精悍(せいかん)さとスポーティーさを表現した。

ベース車からの主な変更点は次のとおり。

■外観
・専用デザインの前後バンパー
・ブラック加飾された前後ランプ、および専用LEDイルミネーションビーム
・専用マフラー(バッフル部)
・215/40R18タイヤ(ダンロップDIREZZA DZ101)、および7.5J専用アルミホイール

■インテリア
・表皮がスエード調となる専用スポーティーシート(G'sの刺しゅうマーク付き)
・本革巻き4本ステアリングホイール(レッドステッチ付き)
・カーボン調塗装を施したセンタークラスター
・レッドライン入りシフトノブ(クリアスモークタイプ、高輝度ダークシルバー塗装)
・G'sロゴ付き専用イグニッションスイッチ
・アルミペダル(アクセルとブレーキ)

■サスペンションとボディー
・専用チューニングサスペンション(約15mmダウン)
・前サスペンションメンバー前端やフロア中央にブレース材の装着や、ロッカー部のフランジスポット溶接打点の追加などによるアンダーボディー剛性の向上

(webCG 竹下)

アンダーボディーは補強材の装着や、溶接の「スポット増し」などによって剛性の向上が図られている。
アンダーボディーは補強材の装着や、溶接の「スポット増し」などによって剛性の向上が図られている。
プリウスにスポーツコンバージョン車「G's」登場の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ アクシオ ハイブリッドG(FF/CVT)/ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2015.6.17 試乗記 トヨタとホンダの最新コンパクトセダンに試乗。代表的な2台を比較しながら、かつて世のスタンダードとされていた4ドア車の“いま”をリポートする。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る