470psのキャデラックATS-V、受注始まる

2015.07.21 自動車ニュース
「キャデラックATS-V」
「キャデラックATS-V」

高性能セダン「キャデラックATS-V」、国内受注始まる

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年7月21日、高性能セダン「キャデラックATS-V」の概要と価格を公表するとともに、同年8月23日までの期間限定で「カスタム・プレオーダーキャンペーン」を実施すると発表した。


470psのキャデラックATS-V、受注始まるの画像

470psのキャデラックATS-V、受注始まるの画像
ひとクラス大きな高性能セダン「CTS-V」(写真奥)とのツーショット。
ひとクラス大きな高性能セダン「CTS-V」(写真奥)とのツーショット。

■サーキットが楽しめる4ドアセダン

2014年のロサンゼルスオートショーでデビューしたキャデラックATS-Vは、Dセグメントに属するATSをベースとした、サーキット走行も可能なスポーツセダンである。キャデラックでは同社の高性能モデルである「Vシリーズ」史上、最小最軽量のエントリー・スーパースポーツセダンと呼んでいるが、早い話が同時に日本市場への導入が発表された新型「CTS-V」の弟分。本国には2ドアクーペボディーの「ATS-Vクーペ」も存在するが、日本国内で販売されるのは4ドアセダンのみである。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4700×1835×1415mmで、ホイールベースは2775mm。車重は1750kgと公表される。
ベースとなった標準モデルからの車体部分のモディファイ手法については、兄貴分であるCTS-Vとほぼ同様。ボディーは各部に補強が入れられ、標準のATSに比べて剛性が25%向上。軽量なカーボンファイバー製エンジンフード、開口面積の大きいフロントマスク、リアパネル、拡大された前後フェンダー、リアスポイラーなど外板パネルやエアロパーツはほぼ専用で、空力性能が改善されている。またCTS-Vと同じく、さらに軽量化と空力性能を追求したカーボンファイバーエアロパッケージも、上級グレード「Spec-B」の専用アイテムとして用意されている。

シャシーはサスペンションのスプリングレートやスタビライザーの剛性を高め、ダンパーには第3世代のマグネティックライドコントロールを導入。ZF製の可変アシスト量制御電動パワーステアリングもステアリングの精度を向上。ブレーキはフロントが6ピストン、リアが4ピストンのキャリパーを備え、サーキット走行にも対応したブレンボ社製システムを採用している。ホイールは高剛性の18インチ鍛造アルミホイールで、タイヤは専用開発されたミシュラン・パイロットスーパースポーツである。

470psと61.5kgmを発生する3.6リッターV6ツインターボエンジン。
470psと61.5kgmを発生する3.6リッターV6ツインターボエンジン。
インテリア。「ATS-V」のハンドル位置は左のみとなる。
インテリア。「ATS-V」のハンドル位置は左のみとなる。
レカロ製の16ウェイパフォーマンスシート。
レカロ製の16ウェイパフォーマンスシート。

■“Vシリーズ初”のエンジンを搭載

パワーユニットはキャデラックVシリーズとしては初となる、ツインターボチャージャーを備えた3.6リッターV6 DOHC 24バルブ。ターボチャージャーは低慣性チタンアルミナイド製タービン、パッケージング効率を最適化した低容量チャージクーリングシステムなどを備える。レスポンスのよさが特徴で、最高出力470ps/5850rpm、最大トルク61.5kgm/3500rpmを発生。トランスミッションはローンチコントロールとパフォーマンス・アルゴリズム・シフトを備えたパドルシフト付きの8段ATで、本国には存在する6段MT仕様は設定されない。駆動方式はFRのみ。ドライブトレインには電子制御リミテッド・スリップ・ディファレンシャルが標準で備わる。
セグメント随一とうたわれるサーキットモードを含む、4つの走行モードが選択可能な「ドライバーモード・コントロール」も与えられる。

公表されたデータによると、最高速185mph(約298km/h)、0-60mph(0-約97km/h)加速3.8秒(いずれも北米仕様)と、「メルセデスAMG C63」「BMW M3セダン/M4クーペ」「アウディRS 4」などの、市場でライバルとなるであろうドイツ勢を上回るパフォーマンスを誇る新型ATS-V。
ハンドル位置は左のみで、ベーシックな「ATS-V Spec-A」(990万円)とカーボンファイバーエアロパッケージ付きの「ATS-V Spec-B」(1090万円)の2車種が、カタログモデルとしてラインナップされる。

また、2015年8月23日までの期間限定で、「カスタム・プレオーダーキャンペーン」と呼ばれる先行受注キャンペーンも実施される。これにより、カタログモデルよりも多いオプションとカラーバリエーションが選択可能になるほか、カタログモデルで標準装備となるスウェーデッドマイクロファイバーのステアリングホイールとシフトノブ、カーナビが除かれた950万円のスタート価格で購入可能となる。
デリバリーの開始時期は、2016年の第1四半期になる見込みだ。

(文=沼田 亨)

関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • キャデラックCTSセダン プレミアム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.4.11 試乗記 キャデラックのラインナップの中核を担うミドルクラスモデル「CTSセダン」が、年次改良によって2016年モデルに進化した。従来型からの変化の度合いと、CTSが生来持ち合わせているワールドクラスの実力をリポートする。
  • 「キャデラックCTS」が一部改良、シルバーの限定モデルも 2017.5.18 自動車ニュース GMジャパンが、一部改良を受けた「キャデラックCTS」を5月20日に発売。新しい意匠のグリルと新装備のリアカメラミラーが特徴で、価格は745万円となっている。シルバーの外装色が特徴の限定車「シルバームーンライトエディション」も同時に発売される。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
ホームへ戻る