スバル・インプレッサスポーツ ハイブリッド2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)

違いは燃費だけにあらず 2015.07.27 試乗記 スバルにとって2番目のハイブリッドモデルとなる「インプレッサスポーツ ハイブリッド」が登場。CVTにモーターを組み合わせたスバル独自のパワーユニットと、専用チューニングのサスペンションが織り成す走りを試した。

地味ではあるが確かな進化

4代目となる現行「インプレッサ」が登場したのは2011年のこと。以降、年次ごとに細かなリファインが施され、2014年秋にはフェイスリフトを含むマイナーチェンジが施されている。

マイナーチェンジ? フェイスリフト? と、お思いの方、意外と多いのではないだろうか。実は僕もスバルの側に言われるまで、インプレッサの意匠変更なんて気づきもしなかった。よくよく見れば前期型に対してバンパー形状が若干勇ましくなり、サイドインテーク風にブラックアウトされた部位にメッキの加飾も施されている。

気づかない自分の鈍さを棚に上げて言うのもなんだが、昔からスバルはこういう仕事が本当に下手だ。もっとこう、バーンと変わった感を出せばいいのに、既納客への遠慮もあるのかサラッとまとめてしまう。
「いやほんと、そうなんですよ。予算が少ないってえのもあるんですが、ウチは見せ方が苦手で……」
と、仰せになるエンジニアの方々は、そんな自分たちの所業が、実はまんざら嫌でもなさそうだ。お化粧下手でも中身はユーザーを裏切らないという姿勢は昨年のマイナーチェンジでも貫かれていて、ダンパーの減衰力やスプリングのバネレートを再設定した上で、ステアリングのギアレシオを若干クイック化し、乗り心地と操舵(そうだ)応答の整合性を高めている。フロントウィンドウ取り付け部の構造を変更し、吸音材を適所に追加することで静粛性も高めているが、遮音対策は実はこれが2度目だ。

普通のユーザーにとってはアイサイトがバージョン3になったことの方がよっぽど大事なのかもしれない。しかし、乗り比べでもしないと伝わりづらいこれらの改善項目が功を奏して、現状のインプレッサはスバルの現行車の中ではダントツの、かつ国内Cセグメントの中でも「マツダ・アクセラ」と比肩する優れたドライバビリティーを備えている。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に「メルセデス・ベンツAクラス」「ボルボV40」「フォード・フォーカス」……と、世界の強豪ひしめくこのセグメントで、日本代表を託すならこの2台をおいて考えられないだろう。

「インプレッサスポーツ ハイブリッド」は2015年6月に発表、7月に発売された。セダンの「G4」にはハイブリッド車は設定されない。
「インプレッサスポーツ ハイブリッド」は2015年6月に発表、7月に発売された。セダンの「G4」にはハイブリッド車は設定されない。
「ハイブリッド2.0i-S EyeSight」のインテリア。ダッシュボードの青い加飾パネルや、ブルー照明のメーターなどがハイブリッド車の特徴となっている。
「ハイブリッド2.0i-S EyeSight」のインテリア。ダッシュボードの青い加飾パネルや、ブルー照明のメーターなどがハイブリッド車の特徴となっている。
上級グレードの「ハイブリッド2.0i-S EyeSight」には、青いステッチが施されたスエードと合皮のコンビシートが装備される。
上級グレードの「ハイブリッド2.0i-S EyeSight」には、青いステッチが施されたスエードと合皮のコンビシートが装備される。
リアシートは6:4の分割可倒式。
リアシートは6:4の分割可倒式。
マルチファンクションディスプレイには、燃費やVDCの作動状況などに加え、ハイブリッドシステムのパワーフローも表示される。
マルチファンクションディスプレイには、燃費やVDCの作動状況などに加え、ハイブリッドシステムのパワーフローも表示される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る