日産がフェアレディZの一部仕様を変更

2015.07.21 自動車ニュース
「日産フェアレディZ バージョンT」
「日産フェアレディZ バージョンT」

日産が「フェアレディZ」の一部仕様を変更

日産自動車は2015年7月21日、「フェアレディZ」の一部の仕様を変更し、販売を開始した。

メーカーオプション「BOSEサウンドシステム」。
メーカーオプション「BOSEサウンドシステム」。

今回の変更では、「バージョンT」「バージョンST」「NISMO」の3グレードにオプションとして設定している「BOSEサウンドシステム」に、新たに「アクティブ・サウンド・コントロール」と「アクティブ・ノイズ・コントロール」を追加設定した。

このうち、アクティブ・サウンド・コントロールは、ドライバーがエンジンサウンドをよりダイナミックに感じるよう音質をコントロールするもので、アクセル操作やエンジン回転数に応じた力強いサウンドを実現する。一方、アクティブ・ノイズ・コントロールは、ルーフ部分に設置した集音マイクでエンジンからの不快なこもり音を検知し、逆位相の制御音をスピーカーから出力することで室内の静粛性を高める機能となっている。

このほかにも、ボディーカラーでは「ダークブルー」に代わって「GT-R」にも設定されている「オーロラフレアブルーパール」を新たに採用した。

価格は383万1840円~573万4800円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る