日産がフェアレディZの一部仕様を変更

2015.07.21 自動車ニュース
「日産フェアレディZ バージョンT」
「日産フェアレディZ バージョンT」

日産が「フェアレディZ」の一部仕様を変更

日産自動車は2015年7月21日、「フェアレディZ」の一部の仕様を変更し、販売を開始した。

メーカーオプション「BOSEサウンドシステム」。
メーカーオプション「BOSEサウンドシステム」。

今回の変更では、「バージョンT」「バージョンST」「NISMO」の3グレードにオプションとして設定している「BOSEサウンドシステム」に、新たに「アクティブ・サウンド・コントロール」と「アクティブ・ノイズ・コントロール」を追加設定した。

このうち、アクティブ・サウンド・コントロールは、ドライバーがエンジンサウンドをよりダイナミックに感じるよう音質をコントロールするもので、アクセル操作やエンジン回転数に応じた力強いサウンドを実現する。一方、アクティブ・ノイズ・コントロールは、ルーフ部分に設置した集音マイクでエンジンからの不快なこもり音を検知し、逆位相の制御音をスピーカーから出力することで室内の静粛性を高める機能となっている。

このほかにも、ボディーカラーでは「ダークブルー」に代わって「GT-R」にも設定されている「オーロラフレアブルーパール」を新たに採用した。

価格は383万1840円~573万4800円。

(webCG)
 

関連キーワード:
フェアレディZ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • ホンダ CBR250RR(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.16 試乗記 250ccの排気量で動力性能を極める……。ここにきて再燃の兆しを見せる“ニーハン”クラスのバイク競争に、ホンダがニューモデル「CBR250RR」を投入した。由緒正しき“RR”の名を冠する、小さなスーパーバイクの実力を試す。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
ホームへ戻る