日産がフェアレディZの一部仕様を変更

2015.07.21 自動車ニュース
「日産フェアレディZ バージョンT」
「日産フェアレディZ バージョンT」
    拡大

日産が「フェアレディZ」の一部仕様を変更

日産自動車は2015年7月21日、「フェアレディZ」の一部の仕様を変更し、販売を開始した。

メーカーオプション「BOSEサウンドシステム」。
メーカーオプション「BOSEサウンドシステム」。
    拡大

今回の変更では、「バージョンT」「バージョンST」「NISMO」の3グレードにオプションとして設定している「BOSEサウンドシステム」に、新たに「アクティブ・サウンド・コントロール」と「アクティブ・ノイズ・コントロール」を追加設定した。

このうち、アクティブ・サウンド・コントロールは、ドライバーがエンジンサウンドをよりダイナミックに感じるよう音質をコントロールするもので、アクセル操作やエンジン回転数に応じた力強いサウンドを実現する。一方、アクティブ・ノイズ・コントロールは、ルーフ部分に設置した集音マイクでエンジンからの不快なこもり音を検知し、逆位相の制御音をスピーカーから出力することで室内の静粛性を高める機能となっている。

このほかにも、ボディーカラーでは「ダークブルー」に代わって「GT-R」にも設定されている「オーロラフレアブルーパール」を新たに採用した。

価格は383万1840円~573万4800円。

(webCG)
 

関連キーワード:
フェアレディZ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • 日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2009.8.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)
    ……527万8350円

    新型「フェアレディZ」に、ド派手なエアロで武装したスペシャルバージョンが登場。日産のモータースポーツ部門「NISMO」の名を冠するニューモデルの走りや、いかに?
  • 「フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売 2014.7.23 自動車ニュース ニスモのスペシャルモデル「フェアレディZ NISMO」のデザインが変更される。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
ホームへ戻る