メルセデス・ベンツC450 AMG 4MATICがデビュー

2015.07.22 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC450 AMG 4MATIC」
「メルセデス・ベンツC450 AMG 4MATIC」

「メルセデス・ベンツC450 AMG 4MATIC」がデビュー

メルセデス・ベンツ日本は2015年7月21日、「メルセデス・ベンツCクラス」のニューモデル「C450 AMG 4MATIC」「C450 AMG 4MATICステーションワゴン」を発表した。発売時期は、同年9月になる見込み。

2つのターボが備わる3リッターV6エンジン。
2つのターボが備わる3リッターV6エンジン。
ハンドル位置は左のみ。「根強い左ハンドル人気に応えられる」とはインポーターの弁。
ハンドル位置は左のみ。「根強い左ハンドル人気に応えられる」とはインポーターの弁。
19インチのAMGツインスポークアルミホイール。
19インチのAMGツインスポークアルミホイール。
 
メルセデス・ベンツC450 AMG 4MATICがデビューの画像

今回発表されたC450 AMG 4MATICとC450 AMG 4MATICステーションワゴンは、「AMGスポーツモデル」と呼ばれる、メルセデスAMGの新コンセプトに基づいて開発された新型車だ。
最大の目玉は、メルセデスAMGの手になる最高出力367ps、最大トルク53.0kgmの3リッターV6ツインターボエンジン。7段ATを介し、セダンで0-100km/h加速4.9秒、ワゴンで同5.0秒のパフォーマンスを発揮する。

同じくメルセデスAMGが開発した四輪駆動システム「AMG 4MATIC」も見どころの一つ。33:67とリア寄りのトルク配分と低めに設定されたロッキングトルクにより、スポーツ走行時において強力なトラクションと安定感あるハンドリングを提供するという。

スイッチ操作でトランスミッションのシフトプログラムやエンジン特性、サスペンションの減衰特性、ステアリング特性などを変化させ、状況に適した走行モード(ECO/Comfort/Sport/Sport Plus/Individual)を実現する「AMGダイナミックセレクト」もセリングポイントである。

外観上は、シングルルーバー付きのダイヤモンドグリルや、AMGトランクリッドスポイラーリップ、ブラックデュアルツインエグゾーストエンド、ハイグロスブラックに塗られた19インチAMGツインスポークアルミホイールとエアロパーツなどが特徴となっている。

価格は、セダンのC450 AMG 4MATICが863万円で、ワゴンのC450 AMG 4MATICステーションワゴンが943万円。ともに、ハンドル位置は左のみとなっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド(本革仕様)(FR/7AT)【試乗記】 2015.6.18 試乗記 上級サルーン「Sクラス」に似たフロントデザインを持つ、「メルセデス・ベンツCクラス」の特別限定車に試乗。果たしてそれは、1台で2種類のドライブフィーリングが得られるという、“ふたつの顔を持つクルマ”だった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る