ボルボXC60 D4 SE(FF/8AT)/V40 D4 SE(FF/8AT)

迷う余地なし!? 2015.07.23 試乗記 主要5モデルにディーゼルエンジン車を一気に設定し、日本市場に攻勢をかけるボルボ。国内販売の5割以上をディーゼルが占めることになると同社は言うが……。「XC60」と「V40」に試乗し、その出来栄えを確かめた。

「D4」を一挙発売

ここにきて輸入ディーゼル車市場の動きが活発になってきた。ディーゼル乗用車冬の時代にメルセデスが風穴をあけたのが2006年のこと。その後、メルセデスとBMWがじわじわとラインナップを増やしていたが、2012年にマツダが「CX-5」にディーゼルを載せたあたりから日本でもその認知度がグングン上がり、輸入車販売におけるディーゼル比率はいまや10%にまで膨らんできている。

そんな動きを他の輸入車ブランドがただ指をくわえて見ているわけもなく、現にフォルクスワーゲンやアウディはディーゼル車導入までの最終段階にあるのだが、ドイツ以外にもディーゼル車投入の機会を狙っていたブランドがあった。それがボルボで、「V40」「V40クロスカントリー」「S60」「V60」そして「XC60」の主要5モデルに「D4」と呼ばれるディーゼルエンジン仕様をイッキに設定したのである。

ボルボは「Drive-E」という新パワートレイン戦略により、新しいガソリンエンジンとディーゼルエンジンを生産している。日本でもその第1弾として2012年2月に新しい直列4気筒ガソリンエンジンが導入されている。そして、そのガソリンエンジンと並行して開発されたディーゼルエンジンが、ついに日本にも投入されたのである。

ディーゼルエンジンを搭載した「V40 D4 SE」。ボルボは「V40」「V40クロスカントリー」「S60」「V60」「XC60」の5モデルにディーゼル車を設定し、日本に導入した。
ディーゼルエンジンを搭載した「V40 D4 SE」。ボルボは「V40」「V40クロスカントリー」「S60」「V60」「XC60」の5モデルにディーゼル車を設定し、日本に導入した。
「V40 D4 SE」のインテリア。テスト車にはオプションの本革シートが採用されていた。
「V40 D4 SE」のインテリア。テスト車にはオプションの本革シートが採用されていた。
新しいディーゼルエンジンは「Drive-E」と呼ばれるボルボのパワートレイン戦略のもとに開発されたもので、既出の2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンと、一部の設計や構造を共有している。
新しいディーゼルエンジンは「Drive-E」と呼ばれるボルボのパワートレイン戦略のもとに開発されたもので、既出の2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンと、一部の設計や構造を共有している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る