メルセデス・ベンツCLA180シューティングブレーク スポーツ(FF/7AT)

よりしなやかに、よりメルセデスらしく 2015.07.24 試乗記 「メルセデス・ベンツCLAクラス」にワゴンボディーの「シューティングブレーク」が登場。伸びやかなスタイリングで話題を集める同車だが、走りについても注目すべきトピックが隠れていた。

タイヤの変更だけでは説明できない

ワゴンとクーペのクロスオーバー――CLAシューティングブレークの“キモ”は、そこにあるに違いない。
かくして、そんなこのモデルを矯めつ眇(すが)めつ眺めてみると、なるほど「刺さる人には刺さりそう」なのがそのスタイリングだ。

リアのコンビネーションランプが分割されるのを嫌い、開口幅が狭くなるのを承知の上でゲートがそれを避けて通るなどという、いわば“ワゴンとしての禁じ手”がまかり通るのも、このモデルがもはや「Cクラス」や「Eクラス」のワゴンのようなメルセデスのラインナップの“本道”ではなく、「こんなデザインは嫌だ!」と嫌悪の感を抱く人が現れることをあらかじめ許容した、半ばニッチな商品であるからこそなのだ。

フロントシート上で過ごす限り、先行販売中の4ドアクーペ版と変わるところがないのは当然。ルーフラインが、水平近い角度のままより後方まで引かれたおかげで、リアシート着座時のヘッドスペースにより大きい余裕があるのはうれしいプレゼントである。これにより、キャビン空間は何とか“フル4シーター”と呼ぶに足る水準を満たしているのは確かだが、見た目の流麗さをキープすべくサイドのウィンドウグラフィックはあくまでクーペ流儀で、それゆえリアシートへの乗降時の頭の運びがタイトなのは、その個性溢(あふ)れるルックスに免じて許すしかない部分であるだろう。

びっくりしたのは、日本デビュー時に早々のタイミングで乗った、4ドアクーペ版とのフットワーク・テイストの大きな違いだった。
実は「本国への発注のタイミングがより早かった『オレンジアート エディション』を除いて、これまで日本が独自にオーダーしていたランフラットタイヤの採用を取りやめた」と聞いていたので、メルセデスの作品らしからず荒々しかったその乗り味が、より“まとも”な方向へと向かうであろうことは想定の範囲内だった。

ところが、今回乗ったCLA180シューティングブレーク スポーツは、“それだけでは説明がつかない”ほどよりしなやかに、言葉を変えれば「よりメルセデスらしい乗り味」へと進化を遂げていたのだ。
もちろん、ボディー形状が変わり、その剛性や重量配分が変化したことで、それに対応すべくサスペンションのセッティングが4ドアクーペとは異なるものとされた可能性も否定はできない。
けれども、率直なところ、「それだけでは説明がつかない」という印象を受けたのだ。そもそも4ドアクーペ版も含めたリファインが行われたのではないか? と、そんな想像を抱かされるのである。

いずれにしても、ローンチからある程度の時間が経過して、CLAの乗り味が「よい方向に向かっている」ことは確かだと思う。それが、シューティングブレークに乗って得られた最大の成果であったりもしたのだ。

(文=河村康彦/写真=荒川正幸)

【スペック】
全長×全幅×全高=4685×1780×1435mm/ホイールベース=2700mm/車重=1500kg/駆動方式=FF/エンジン=1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1250-4000rpm)/トランスミッション=7AT/燃費=15.9km/リッター(JC08モード)/価格=428万円
 

細く長いウィンドウグラフィックが特徴的な「CLAシューティングブレーク」のサイドビュー。
細く長いウィンドウグラフィックが特徴的な「CLAシューティングブレーク」のサイドビュー。
「CLA180シューティングブレーク スポーツ」のインテリア。ブラックの内装色に、ブラッシュドアルミニウムの装飾パネルが組み合わされている。
「CLA180シューティングブレーク スポーツ」のインテリア。ブラックの内装色に、ブラッシュドアルミニウムの装飾パネルが組み合わされている。
後席の居住性については、ルーフが後方に伸びた分だけヘッドクリアランスには余裕が生まれたが、ドア開口部の上端が低いため、乗降時には頭の運び方に気を使う必要がある。
後席の居住性については、ルーフが後方に伸びた分だけヘッドクリアランスには余裕が生まれたが、ドア開口部の上端が低いため、乗降時には頭の運び方に気を使う必要がある。
「CLAシューティングブレーク」では、ランフラットタイヤが装備されるのは限定車の「オレンジアート エディション」のみとなる。
「CLAシューティングブレーク」では、ランフラットタイヤが装備されるのは限定車の「オレンジアート エディション」のみとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLAシューティングブレークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る