第16回:自転車――改正道交法が語る“意味”(その5)
大人げなかった話(後編)

2015.07.28 エッセイ

総合的な対策があってこそ

結果は最初からわかっていた。

もっともらしい計算式を使ってシートベルト着用の効果を説き、前席乗車中の死者数の推移を示してみせていた。けれど、あの論理の決定的なごまかしは、前席乗車中の事故死者数の増減を、シートベルト着用の有無だけで語ったことだった。
要は、シートベルトだけで事故死者数の増減を判断することなんてできないのに、それを承知で、それでもシートベルト着用の効果を言いたかった(=「着用義務化もやむなし」との世論づくりのため)のだろうと思う。

シートベルトを着用していたって、衝突してクルマがつぶれてしまえば乗員は圧死してしまうし、救出したとしても、搬送先の医療機関がまともな救急医療を行えなければ、やはり命は救われない。
総合的な安全対策があって、そのうちのひとつの対策がシートベルト着用ならば効果は絶大だ。ところが、自動車の衝突安全性はまるでなってなくて、救急医療体制も不備。あれやこれやがない状態で、シートベルトだけ義務化したって効果は期待できないに決まってる。それが答えだった。

私が大人げなかったのは、まさに、ここ、である。
全面対決の姿勢で記事を書いたわけだけれど、そういう手法じゃなくて、あのときは、「第2次交通戦争を乗り切るための総合的な安全対策」の必要性を説くという方法もあった。シートベルトを着用するというのは、つまり、総合的な交通安全対策を構成する、ひとつの重要な要素ではあるけれど、それだけでは絶対にだめなんだ、と。

蛇足ながらつけ加えると、自動車の衝突安全性や救急医療体制は、第2次交通戦争と呼ばれた時代からこっち、それはもう、びっくり仰天の劇的な進歩を遂げたのは知ってのとおり。交通安全施設の高度化や充実やらも進み、書きだしたらキリがないけれど、とにかく、総合的な交通安全対策はきわめて高いレベルで進んだ。
その結果、シートベルト着用の効果が表れて自動車乗車中の死者数が激減したのはもちろん、交通事故死者の総数は、今や4113人(2014年)にまで減っている。この数字、92年(=第2次交通戦争の時代の、事故死者数が最も多かった年の1万1451人。第1次交通戦争の時代のピークは70年の1万6756人)の約3分の1である。

と、はるか昔のシートベルト問題を振り返り、同時に“改正道交法が語る意味”に思いを巡らすと、ああ、俺もずいぶん大人になったものだなァ、と実感してしまう私なのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。