新エンジン搭載のボルボS60/V60/XC60発売

2015.07.23 自動車ニュース
「ボルボS60 D4 R-DESIGN」
「ボルボS60 D4 R-DESIGN」
    拡大

新エンジン搭載の「ボルボS60/V60/XC60」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2015年7月23日、セダン「S60」とワゴン「V60」、クロスオーバーSUV「XC60」の仕様およびモデルラインナップの変更を発表。同日、販売を開始した。

「V60 D4 SE」
「V60 D4 SE」
    拡大
「XC60 D4 SE」
「XC60 D4 SE」
    拡大

今回、S60/V60/XC60ぞれぞれのラインナップに、2リッター4気筒クリーンディーゼル「D4」エンジン搭載モデルが追加された。(関連ニュース
アウトプットは、最高出力が190ps/4250rpmで、最大トルクが40.8kgm/1750-2500rpm。JC08モードの燃費値はS60が20.9km/リッター、V60が20.2km/リッター、XC60は18.6km/リッターで、「力強く滑らかな走りと高い環境性能を両立させた」とうたわれる。

ガソリン仕様の「T4」エンジンは、従来の1.6リッター直4ターボから、新開発の2リッター直4ターボにスイッチ。最高出力と最大トルクを190ps、30.6kgmとしながら、新開発の6段ATを組み合わせることで、S60で15.2km/リッター、V60で14.9km/リッターのJC08モード燃費を実現した。

S60/V60ともに、トップモデルは245psと35.7kgmを発生する2リッター直4ターボモデル「T5」。
XC60も同じT5の名称を最上級モデルに冠するものの、こちらのエンジンは2.5リッター直5ターボ(254ps、36.7kgm)で、駆動方式もFFのS60/V60とは異なり4WDとなっている。

モデルラインナップと価格は、以下の通り。
・S60 T4 SE(FF/6AT):429万円
・S60 T4 R-DESIGN(FF/6AT):504万円
・S60 D4 SE(FF/8AT):454万円
・S60 D4 R-DESIGN(FF/8AT):529万円
・S60 T5 SE(FF/8AT):515万円
・S60 T5 R-DESIGN(FF/8AT):554万円

・V60 T4 SE(FF/6AT):449万円
・V60 T4 R-DESIGN(FF/6AT):524万円
・V60 D4 SE(FF/8AT):474万円
・V60 D4 R-DESIGN(FF/8AT):549万円
・V60 T5 SE(FF/8AT):535万円
・V60 T5 R-DESIGN(FF/8AT):574万円

・XC60 D4 (FF/8AT):539万円
・XC60 D4 SE(FF/8AT):599万円
・XC60 D4 R-DESIGN(FF/8AT):675万円
・XC60 T5 AWD SE(4WD/8AT):599万円
・XC60 T5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT):675万円

(webCG)

関連キーワード:
V60S60XC60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
  • ボルボV60 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.6.25 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」が2代目に進化。日本では縮小が続くジャンルだが、新世代のボディー骨格とパワーユニットを得た北欧のファミリーエステートは、洗練されたスタイルと実用性をあわせ持つ魅力的なモデルに仕上がっていた。
  • ボルボが「V90/V90クロスカントリー」のディーゼルモデルを発売 2018.7.11 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2018年7月11日、「V90」および「V90クロスカントリー」のラインナップと仕様を一部変更し、販売を開始した。V90とV90クロスカントリーそれぞれに、2リッター直4直噴ディーゼルターボエンジン「D4」搭載モデルを追加設定したほか、上級グレードの装備を充実させた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
ホームへ戻る