第304回:旅するクルマと旅するお酒
LAND CRUISER BEACH HOUSE in JAPAN

2015.07.23 エディターから一言
ランクルの世界観を伝える海の家「LAND CRUISER BEACH HOUSE in JAPAN」の全景。
ランクルの世界観を伝える海の家「LAND CRUISER BEACH HOUSE in JAPAN」の全景。

「ランドクルーザー」の世界観を伝える海の家が2015年7月18日から8月30日までの期間限定で、鎌倉・由比ヶ浜海水浴場にオープン。そのオープニングイベントに参加してきた。

2015年7月に発表されたクリーンディーゼル搭載の新型「ランドクルーザー プラド」が常時展示されている。
2015年7月に発表されたクリーンディーゼル搭載の新型「ランドクルーザー プラド」が常時展示されている。
遊牧民のテントをほうふつさせるレストスペース。期間中は無料で開放される。
遊牧民のテントをほうふつさせるレストスペース。期間中は無料で開放される。
「ランクル」の魅力や世界観を熱く語る小鑓貞嘉チーフエンジニア。
「ランクル」の魅力や世界観を熱く語る小鑓貞嘉チーフエンジニア。

五大陸を旅するクルマ、ランドクルーザー

「お客さまの生命と荷物と人類の夢(行きたいところに行って、確実に帰ってくるという移動の自由)を運ぶクルマ」「地球上で最後に残るクルマ」それがランドクルーザーである。2014年にはシリーズ世界累計販売800万台を突破。六十数年の長きにわたり、その変わらぬ開発思想と「信頼性」「耐久性」「悪路走破性」が世界中の人々から熱烈に支持されている。

そして、ランドクルーザーの別名は「旅するクルマ」。ドライバーを旅に誘い、また街中を走っていても、何となく旅する気分が味わえるクルマである。そのあたりの感覚は当サイトに昨年掲載された田村十七男さんのコラムにうまく表現されている。

「この類いのクルマは、例えば都会の走り慣れた道でも旅をしているような気分にさせてくれる。あまりに抽象的な表現だが、一度運転してもらえばわかる。高い視点と広い視野。飛ばす気にならないスペックによるゴロゴロと転がるような乗り味。相当にやぼったいインテリア。そして、実際に行く機会はなくとも荒れた大地があればむしろ飛び込みたくなるヘビーデューティーな4WD機能と、それが醸し出す安心感。あるいは本物と付き合っている充足感。そういう匂い――旅する気分を持つクルマは、今はもうない。」と田村氏は「ランドクルーザー70」を語る。

昨年、ランドクルーザー70の30周年記念モデルを新車で購入した筆者としては、手放しで共感できる、実に愛情あふれる車評である。ちなみにコラム中で紹介されている「プリウスからランドクルーザー70に買い替えた血迷った人物」というのはきっと筆者のことだと思う。正確には「プリウスPHV」からの買い替えなので、もっとクレージーだったのだが……。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.23 試乗記 英国のプレミアムSUV「レンジローバー」にディーゼルモデルが登場。本格オフローダーでありながら快適性も要求される“レンジ”とディーゼルの親和性は? そして試乗を通して見えてきたジャガー・ランドローバー喫緊の課題とは?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
ホームへ戻る