180万円を切るフィアット500の限定車が登場

2015.07.23 自動車ニュース
「フィアット500 Super Pop Topo」。写真のボディーカラーは「ブルー ヴォラーレ」。
「フィアット500 Super Pop Topo」。写真のボディーカラーは「ブルー ヴォラーレ」。

180万円を切る「フィアット500」の限定車が登場

FCAジャパンは2015年7月23日、「フィアット500」の特別仕様車「Super Pop Topo(スーパーポップ トポ)」を発表した。300台限定で、同年7月25日に販売を開始する。

こちらは、「ボサノバホワイト」のボディーカラーをまとうモデル。
こちらは、「ボサノバホワイト」のボディーカラーをまとうモデル。
今回の限定モデルの車名にもなっている、フィアットの公式キャラクター「TOPO FIAT(トポ フィアット)」。
今回の限定モデルの車名にもなっている、フィアットの公式キャラクター「TOPO FIAT(トポ フィアット)」。

今回のフィアット500 Super Pop Topoは、日本国内におけるフィアット500の販売台数が3万台に達したことを記念する限定モデル。
ベース車両は1.2リッター直4エンジンを搭載するエントリーグレード「500 1.2 Pop」で、「ボサノバホワイト」のほかに、通常は設定されていない「ブルー ヴォラーレ」のボディーカラーを選ぶことができる。

価格は179万2800円。ボサノバホワイトが200台、ブルー ヴォラーレが100台の、合計300台限定で販売される。

なお車名は、2015年3月のコンテストを経て誕生したフィアットの公式キャラクター「TOPO FIAT(トポ フィアット)」から。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • フィアット500 1.4 16V ポップ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2008.7.28 試乗記 ……220.0万円
    総合評価……★★★★

    1.2リッターのみラインナップしていた「フィアット500」に、1.4リッターモデルが追加された。排気量200ccの差は、実際の走りにどんな違いをもたらすのか?
ホームへ戻る