400psのロータス・エヴォーラ、予約始まる

2015.07.24 自動車ニュース
「ロータス・エヴォーラ400」。写真は、2015年のジュネーブショーに出展されたときのもの。
「ロータス・エヴォーラ400」。写真は、2015年のジュネーブショーに出展されたときのもの。

400psの「ロータス・エヴォーラ」予約始まる

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2015年7月24日、高性能スポーツカー「ロータス・エヴォーラ400」の予約受注を開始した。

エヴォーラ400は、2015年のジュネーブモーターショーに出展された、ロータスのスーパースポーツモデル。
従来型より22kg軽く仕立てられた車体に、車名の由来にもなっている400psの最高出力と41.8kgmの最大トルクを発生する、スーパーチャージャー付きの3.5リッターV6エンジンを搭載する。

最高速度は300km/hで、0-100km/h加速は4.2秒。英国へセルのテストコースにおいて、従来モデルより6秒速いタイムを記録したという。

エヴォーラ400の日本向け生産が始められるのは、2015年の10月。翌11月の正式発表を経て、2016年春にデリバリー開始となる予定だ。

価格は、MT車が1355万4000円で、AT車が1406万1600円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エヴォーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】 2013.8.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る