「水野和敏的視点」 vol.110 マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ(前編)

2015.07.24 mobileCG
 
「水野和敏的視点」 vol.110 マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.110 マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回は初心にかえって軽量コンパクトを目指した4代目「マツダ・ロードスター」を取り上げる。

 
「水野和敏的視点」 vol.110 マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ(前編)の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.110 マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ(前編)の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.110 マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ(前編)の画像
マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3915×1735×1235mm/ホイールベース:2310mm/車重:1010kg/駆動方式:FR/エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6MT/最高出力:131ps/7000rpm/最大トルク:15.3kgm/4800rpm/タイヤ:(前)195/50R16 (後)195/50R16/車両本体価格:270万円
 
マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3915×1735×1235mm/ホイールベース:2310mm/車重:1010kg/駆動方式:FR/エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6MT/最高出力:131ps/7000rpm/最大トルク:15.3kgm/4800rpm/タイヤ:(前)195/50R16 (後)195/50R16/車両本体価格:270万円
	 

■「おもてなし」を忘れずに

新型「マツダ・ロードスター」は、このところさまざまなメディアで、もう何度となく取り上げられていますから、読者の方々の中にはもしかすると「またか……」とお感じの方もいるかもしれません。

しかし、2015年の日本のスポーツカー市場を見ていくうえで、新型ロードスターは「ホンダS660」と同様に欠かすことのできないクルマですから、当連載でも一度、きっちりとテストしたいと考えています。今回と次回の2回にわたり、新型ロードスターを“水野和敏的視点”でじっくり分析していきたいと思います。

今回テストするのは、トルセンLSDやリアスタビライザーなどが標準装備となる中間的なグレード「Sスペシャルパッケージ」です。エンジンは新開発の1.5リッター自然吸気エンジン(131ps、15.3kgm)で、トランスミッションについては6段MTと6段ATから選ぶことができますが、今回はもちろん6段MTを選択しました。

さて、実車に接してまず感心したのは、ソフトトップの開閉作業が実に簡単、かつ楽なことです。運転席に座っていても、片手で軽々と操作できます。ことさら高価な部品を使っているわけでもなく、創意工夫でこのスムーズさを実現していて、「日本のクルマ作り」というものを感じさせます。うれしくて、つい何度も開け閉めしてしまいます!

一方で、オープンカーだというのに、センターコンソールにUSB端子が2つ、むき出しのまま設置されているのは気になります。突然の雨に遭遇したとき、これで大丈夫なのでしょうか。ちなみに、前回テストした「ホンダ・ステップワゴン」の端子にはカバーが付いていました。

オープンカーというのは室内に雨が吹き込むこともあるクルマなのです。また、仮に車両側の端子に問題がなかったとしても、そこにつなぐ端子や機器に水滴がついてダメージをこうむることもあるわけです。もう少し、相手の接続機器の保護のことまで考える配慮がほしいところですね。それが「日本のおもてなし」というものだし、そういった製品作りこそが、真の国際競争力となっていくはずだからです。「おもてなしの概念は日本人の強み」ですから……。(づつく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る