三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)

円熟の境地へ 2015.07.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」に試乗。新しいフロントデザインを得た新型は、併せて静粛性や乗り心地も洗練され、ガソリンエンジン搭載のSUVとして“円熟の境地”に達していた。

乗り心地が洗練された

えーっ! もうモデルチェンジ? と思われるかもしれない。確かにイメージ的には、この形になってそれほど日がたっていないように思う。従来型のガソリン仕様がデビューしたのが2012年10月のこと。続く同年12月に「PHEV」の追加があって、そちらの存在感があまりにも大きく、あたかもあれがアウトランダーを代表する車種のようにも思われ、話題をさらわれてしまった観もある。特に電気モーターによる振動のない滑らかさなど乗り心地や静粛性、品質感の上級化など、クルマ全体の洗練度に関しては大きく前進していた。となるとエンジニアの立場としては、同じ車種のガソリンエンジン版です、と言いづらいものがあったのではないだろうか。

そんな経緯は知る由もないが、大規模な改良を受けた今度の新型アウトランダー(ガソリンエンジン仕様)は、SUVのボディー形状から想像する以上に洗練された乗り物に仕上がっていた。元をたどれば一時代前からの申し送り部分も残っていたようで、その辺も徹底的に見直された。どこのメーカーもモデルチェンジのたびにうたうボディー剛性の強化はもちろん、サスペンション入力を受け止める部分の強化も併せて実施されており、225/55R18サイズの大径タイヤのバネ下荷重をきっちりと受け止める。

ただし、まだサスペンションそのもののチューニングは完璧とはいいがたく、U字溝のふたなどを通過するときの単発大入力においてはやや大げさな反応を示す。一方で、連続する小刻みな波動のような動きは、気にならない範囲に収められていた。こういった点については、今回改良されてダンパーシリンダーの径を上げて容量を増やしたリアについては大きな進歩があり、ついでにフロントも同じようにやってほしかったところだ。

“ビッグマイナーチェンジ”を受けた「アウトランダー」。ガソリン仕様とプラグインハイブリッド仕様の「PHEV」が同時にリリースされたが、今回はひと足先に発売されたガソリン仕様を試乗会で“ちょい乗り”した。
“ビッグマイナーチェンジ”を受けた「アウトランダー」。ガソリン仕様とプラグインハイブリッド仕様の「PHEV」が同時にリリースされたが、今回はひと足先に発売されたガソリン仕様を試乗会で“ちょい乗り”した。
ダッシュボードまわりは従来型と比較して大きな変更はないが、ステアリングホイールをはじめ、各所の質感が見直されている。
ダッシュボードまわりは従来型と比較して大きな変更はないが、ステアリングホイールをはじめ、各所の質感が見直されている。
2.4リッター直4エンジンは従来と同じ169psと22.4kgmにとどまる。しかしCVTが新世代のものに換装され、加速フィーリングや燃費が改善された。
2.4リッター直4エンジンは従来と同じ169psと22.4kgmにとどまる。しかしCVTが新世代のものに換装され、加速フィーリングや燃費が改善された。
“顔つき”のお色直しに合わせて、リアもよりSUVらしい力強いデザインに改められた。リアコンビランプはLEDへ。バンパー下部にはスキッドプレート形状が採用された。
“顔つき”のお色直しに合わせて、リアもよりSUVらしい力強いデザインに改められた。リアコンビランプはLEDへ。バンパー下部にはスキッドプレート形状が採用された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アウトランダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る