トヨタ、「プリウス」にマイナーチェンジを実施

2011.11.29 自動車ニュース

トヨタ、「プリウス」にマイナーチェンジを実施

トヨタ自動車は2011年11月29日、「プリウス」にマイナーチェンジを施し、12月19日に発売すると発表した。

「プリウス」に実施されたマイナーチェンジは次のとおり。外観や内装の手直しのほか、動力性能なども改善されている。これに伴い、全長×全幅×全高=4480×1745×1490mmと、全長が20mm延長された。

■外観
・フロントバンパー、フロントグリル、アンダーグリル、リアコンビネーションランプなどのデザインを変更。
・ディスチャージヘッドランプを設定し(「S」「G」グレードで標準装備)、クリアランスランプをLED化。
・ボディーカラーにマイカ系の新色(ボルドーマイカメタリック、フロスティーグリーンマイカメタリック、ライトパープルマイカメタリック)を設定。

■インテリア
・シフトノブまわりやステアリングスイッチベースを高輝度シルバー塗装とした。
・シートカラーに2種のツートンカラーを設定(オプション)。
・コンソールボックスのカップホルダーをオープン収納型化。

■動力性能など
・吸音材の追加により、静粛性を向上。
・ボディ剛性の強化による、乗り心地と操縦安定性の改善。
・車両接近通報装置を全車に標準装備。
・フロントドアガラスにスーパーUVカットガラスを採用。
・JBLプレミアムサウンドシステムを設定(オプション)。

新しい価格は、217万円(プリウスL)から334万円(プリウスGツーリングセレクション・レザーパッケージ)まで。

(webCG 竹下)

「プリウスG“ツーリングセレクション・レザーパッケージ”」。ボディーカラーは新設定のボルドーマイカメタリック。
「プリウスG“ツーリングセレクション・レザーパッケージ”」。ボディーカラーは新設定のボルドーマイカメタリック。
シートカラーに2種のツートンカラー(メーカーオプション)が新たに設定された。これはブラウン&ブラック。
シートカラーに2種のツートンカラー(メーカーオプション)が新たに設定された。これはブラウン&ブラック。
カップホルダーをオープン収納型に変更
カップホルダーをオープン収納型に変更
新設定のブルー&ブラック内装。
新設定のブルー&ブラック内装。

トヨタ、「プリウス」にマイナーチェンジを実施の画像

関連キーワード:
プリウストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • 東京オートサロン2018(トヨタ) 2018.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は「東京オートサロン2018」で“カスタマイズブース”を設営し、「クラウン コンセプト」や「ハイエース」をベースにしたコンセプトモデルを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • トヨタが「プリウス」の20周年記念モデルを発売 2017.11.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年11月1日、ハイブリッド車「プリウス」に一部改良を施すとともに、特別仕様車「S“セーフティープラス”/S“セーフティープラス ツートーン”」および「Aプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」を設定したと発表した。
ホームへ戻る