第3回:XC60 D4をハイブリッド車と乗り比べる

これぞベストマッチ 2015.07.30 徹底検証! ボルボのディーゼル 新世代クリーンディーゼルエンジンを搭載する「ボルボXC60 D4」に試乗。優れた環境性能を強みとするハイブリッドSUV「レクサスNX300h」と乗り比べ、このクルマならではの持ち味を確かめた。

変わりゆくSUV

SUVがパワートレイン競争の時代に入っていることを、実感させられる。目の前にあるのは、ディーゼルの「ボルボXC60 D4 SE」と、ハイブリッドの「レクサスNX300h“Fスポーツ”」。新しい時代がきたのだ。かつてSUVといえば、多気筒(6気筒以上)と大排気量で勝負、という側面があった。しかしそれは過去の話になりつつあり、いまは別の意味での“競争”が始まっているのである。

昨今のパワートレインに求められるものは、CO2排出量の少なさと、燃費効率のよさ。車両の優秀性をアピールする際には、こうした点が前面に出される。そこで試乗のポイントとしても、パワートレインとのマッチングがいかにうまく行われているかをチェックすることになる。

それに加えて、ボルボXC60の一つのセリングポイントとなっているスタイリッシュさも検討するなら、比較対象とすべき最右翼は、レクサスNXだろう。前者はボディーの“厚み”を強く意識させながら、傾斜角をゆるやかにして少々クーペライクな印象をもたせたテールゲートを備える。後者は側面から見ると、さらにスポーティーで、強いキャラクターが際立つ。

機能一点張りでなく、イメージ訴求の強いプロダクトを、「ライフスタイル型」と言うことがある。ボルボもレクサスも、荷室容量やオフロードの走破性というより、着座位置の高さによる運転のしやすさ、守られ感、そして軽快さなどが注目されるポイントである。これらのクルマに興味を持つ人が求めるライフスタイルが「日常的なパートナーとしての優秀性」だとしたら、この2台は、燃費と使い勝手をバランスさせたパワートレインを含めて、いいライバル関係にあるといえる。

2015年7月23日に日本で発売された、クリーンディーゼル車「ボルボXC60 D4」。今回テストに連れ出したのは、装備充実の「D4 SE」である。
2015年7月23日に日本で発売された、クリーンディーゼル車「ボルボXC60 D4」。今回テストに連れ出したのは、装備充実の「D4 SE」である。

「ボルボXC60 D4」の日本導入より1年前、2014年7月に発売された「レクサスNX」。今回のハイブリッド車のほかに、トヨタ久々となるガソリンターボ車「200t」をラインナップしたことでも話題となった。


    「ボルボXC60 D4」の日本導入より1年前、2014年7月に発売された「レクサスNX」。今回のハイブリッド車のほかに、トヨタ久々となるガソリンターボ車「200t」をラインナップしたことでも話題となった。
アンスラサイトのインテリアカラーに、ソフトベージュの本革シートが組み合わされた「XC60 D4 SE」のインテリア。
アンスラサイトのインテリアカラーに、ソフトベージュの本革シートが組み合わされた「XC60 D4 SE」のインテリア。

「XC60 D4 SE」の18インチアルミホイール。これまでの「XC60」とは異なるデザインのものが与えられている。


    「XC60 D4 SE」の18インチアルミホイール。これまでの「XC60」とは異なるデザインのものが与えられている。

第3回:XC60 D4をハイブリッド車と乗り比べるの画像
関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.29 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのフラッグシップSUV「XC90」に試乗。新プラットフォームが採用された“新世代ボルボ”の走り、乗り心地、そして使い勝手を報告する。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
ホームへ戻る