第3回:XC60 D4をハイブリッド車と乗り比べる

これぞベストマッチ 2015.07.30 特集 新世代クリーンディーゼルエンジンを搭載する「ボルボXC60 D4」に試乗。優れた環境性能を強みとするハイブリッドSUV「レクサスNX300h」と乗り比べ、このクルマならではの持ち味を確かめた。

変わりゆくSUV

SUVがパワートレイン競争の時代に入っていることを、実感させられる。目の前にあるのは、ディーゼルの「ボルボXC60 D4 SE」と、ハイブリッドの「レクサスNX300h“Fスポーツ”」。新しい時代がきたのだ。かつてSUVといえば、多気筒(6気筒以上)と大排気量で勝負、という側面があった。しかしそれは過去の話になりつつあり、いまは別の意味での“競争”が始まっているのである。

昨今のパワートレインに求められるものは、CO2排出量の少なさと、燃費効率のよさ。車両の優秀性をアピールする際には、こうした点が前面に出される。そこで試乗のポイントとしても、パワートレインとのマッチングがいかにうまく行われているかをチェックすることになる。

それに加えて、ボルボXC60の一つのセリングポイントとなっているスタイリッシュさも検討するなら、比較対象とすべき最右翼は、レクサスNXだろう。前者はボディーの“厚み”を強く意識させながら、傾斜角をゆるやかにして少々クーペライクな印象をもたせたテールゲートを備える。後者は側面から見ると、さらにスポーティーで、強いキャラクターが際立つ。

機能一点張りでなく、イメージ訴求の強いプロダクトを、「ライフスタイル型」と言うことがある。ボルボもレクサスも、荷室容量やオフロードの走破性というより、着座位置の高さによる運転のしやすさ、守られ感、そして軽快さなどが注目されるポイントである。これらのクルマに興味を持つ人が求めるライフスタイルが「日常的なパートナーとしての優秀性」だとしたら、この2台は、燃費と使い勝手をバランスさせたパワートレインを含めて、いいライバル関係にあるといえる。

2015年7月23日に日本で発売された、クリーンディーゼル車「ボルボXC60 D4」。今回テストに連れ出したのは、装備充実の「D4 SE」である。
2015年7月23日に日本で発売された、クリーンディーゼル車「ボルボXC60 D4」。今回テストに連れ出したのは、装備充実の「D4 SE」である。

「ボルボXC60 D4」の日本導入より1年前、2014年7月に発売された「レクサスNX」。今回のハイブリッド車のほかに、トヨタ久々となるガソリンターボ車「200t」をラインナップしたことでも話題となった。


    「ボルボXC60 D4」の日本導入より1年前、2014年7月に発売された「レクサスNX」。今回のハイブリッド車のほかに、トヨタ久々となるガソリンターボ車「200t」をラインナップしたことでも話題となった。
アンスラサイトのインテリアカラーに、ソフトベージュの本革シートが組み合わされた「XC60 D4 SE」のインテリア。
アンスラサイトのインテリアカラーに、ソフトベージュの本革シートが組み合わされた「XC60 D4 SE」のインテリア。

「XC60 D4 SE」の18インチアルミホイール。これまでの「XC60」とは異なるデザインのものが与えられている。


    「XC60 D4 SE」の18インチアルミホイール。これまでの「XC60」とは異なるデザインのものが与えられている。

第3回:XC60 D4をハイブリッド車と乗り比べるの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る