日産GT-R NISMO N Attack Package装着車(4WD/6AT)/エルグランドNISMOパフォーマンスパッケージ(FF/CVT)/ノートNISMO S ニスモパーツ装着車(FF/5MT)

ぶっ飛び のち しっとり 2015.07.28 試乗記 NISMO/無限/STI/TRDという自動車メーカー直系の4ブランドが、箱根で合同試乗会を開催。モータースポーツ活動で培ってきた各社の経験は、市販モデルの性能向上にどう生かされているのか? 今回はNISMOの3車種をリポートする。

いきなりのボスキャラ登場

実に9年ぶりの開催となる「ワークスチューニンググループ合同試乗会」、いわゆる“ワークス試乗会”に参加した。さて久々に乗るメーカー公認のチューンドカーは、どれほどのクオリティーを実現しているのか? 箱根ターンパイクという絶好の舞台で、これをトコトン乗り倒してみよう!

……なんて大口をたたいたのはいいが、最初に相手をしたのは今回の試乗会でもボスキャラ中のボスキャラである「GT-R NISMO」。それもニュルブルクリンクで7分8秒679というタイムをたたき出したオプション「NISMO N Attack Package A kit」を丸ごと装着した一台だった。ちなみにその最高出力は600ps/6800rpm、最大トルクは66.5kgm/3600-5600rpm。足元には減衰力を4wayで調整できるオーリンズ製のダンパーが装着されており、調整幅はほぼ無限大。箱根に合わせたセッティングの模索は時間もコストもかかりすぎるという理由から、今回は“ニュルを走ったそのままの仕様”でNISMOがこれを持ち込んでいた。

実際に試乗してみると、もう「あきれた」というほかに言葉はなかった。普通に走っても感じるサスペンションの、初期ダンピングのスムーズさに「こうじゃないとニュルは走れないんだろうな……」などと感心はするものの、その乗り心地は常識的に考えればとってもハード。正確に言うと突き上げが鋭いのではなく、タイヤのグリップの立ち上がる速度が極めて速いから、軽くハンドルを切るだけでも体が持っていかれるのだ。

今回NISMOが持ち込んだ「GT-R NISMO」は、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで量販車最速タイムを記録した際に装着していたパーツをフルにまとった“本気仕様”だった。
今回NISMOが持ち込んだ「GT-R NISMO」は、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで量販車最速タイムを記録した際に装着していたパーツをフルにまとった“本気仕様”だった。
「GT-R NISMO N Attack Package装着車」のインテリア。
「GT-R NISMO N Attack Package装着車」のインテリア。
レカロ製の専用フルバケットシート(カーボンシェルタイプ)が含まれる「A kit」装着車は2シーター化されており、後席部分にはキルティングクロスマットが装備される。
レカロ製の専用フルバケットシート(カーボンシェルタイプ)が含まれる「A kit」装着車は2シーター化されており、後席部分にはキルティングクロスマットが装備される。

「GT-R NISMO」用に開発されたスマホ用アプリ「NissanConnect Nismo」。サーキットでのラップタイム計測・表示機能や、データロガー機能が備わっている。


    「GT-R NISMO」用に開発されたスマホ用アプリ「NissanConnect Nismo」。サーキットでのラップタイム計測・表示機能や、データロガー機能が備わっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る