スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)

細やかな改良がもたらす好循環 2015.07.31 試乗記 年次改良を受けたスバルのスポーツセダン「WRX S4」に試乗。エントリーグレード「2.0GT EyeSight」を借り出し、再チューニングを受けたという足まわりの出来栄えをチェックした。

注目は変更された足まわりのセッティング

なんで「インプレッサ」じゃだめなの?
なんで乗り心地こんなにキツいの?

……と、上記2点の理由により、僕とWRX S4との相性は概してあまりいいものではなく、その旨はかつてこちらの記事で書かせていただいたことがある。
まぁインプレッサうんぬんの件は、スバルの商品企画における大人の事情もあるのだろう。こっちは従来の「レガシィB4ターボ」的な位置づけだからして、その名は使いたくないと。それは察せなくもない。が、同じWRX銘柄で傍らに「STI」がありながら、なんでこっちはもっと穏やかなキャラクターにしようと思わないわけ? という疑問は幾度かの試し乗りの機会では、どうしても晴れなかった。

と、そんな最中に舞い込んだのがS4の年次改良の話だ。その目玉は安全装備のアップデート。先んじて「レヴォーグ」に搭載された「アドバンスドセイフティパッケージ」がこちらにも展開されたというものだ。後ろ側方からの接近車の警告機能をはじめ、オートハイビームやサイドビューモニター、そして前方車への接近警告をフロントガラスに映し出す「アイサイトアシストモニター」の4アイテムがセットオプションとなっている。また、「2.0GT-S EyeSight」(以下、GT-Sグレード)には新たに245/40R18サイズのタイヤ&ホイールやサンルーフがオプションとして用意された。そのほか、センターコンソールに配されるUSBアウトレットを2Aにして電子機器への給電量を高めるなど、細かいところまでユーザーの声をくみ上げていることが伝わってくる。

と、それらと併せて記載されていた変更点が、「2.0GT EyeSight」(以下、GTグレード)のサスペンション変更だ。具体的にはフリクションを最適化した新型ダンパーを採用することで、微小入力域から減衰を働くようにして乗り心地を向上……とされている。
おお、早速変更されたのか。どんなもんだか興味津々……と思っていたところに、編集部から試乗のオファーが舞い込んだ。恐らくは前回の遺恨を踏まえての再戦ということだろう。もちろん二つ返事でお引き受けしての試乗当日と相成った。

2014年8月に登場した「WRX S4」。「WRX STI」が従来モデルと同じくポート噴射の2リッターターボエンジンと6段MTを搭載しているのに対し、S4は2リッター直噴ターボとCVTを採用している。
2014年8月に登場した「WRX S4」。「WRX STI」が従来モデルと同じくポート噴射の2リッターターボエンジンと6段MTを搭載しているのに対し、S4は2リッター直噴ターボとCVTを採用している。
「WRX S4 2.0GT EyeSight」のインテリア。従来モデルからの大きな変更点はない。
「WRX S4 2.0GT EyeSight」のインテリア。従来モデルからの大きな変更点はない。
新たなオプション装備の「アドバンスドセイフティパッケージ」。後側方警戒支援機能やサイドビューモニター、オートハイビームなどをセットにしたもので、マルチインフォメーションディスプレイにも、システムの状態を表示する専用の画面が追加される。
新たなオプション装備の「アドバンスドセイフティパッケージ」。後側方警戒支援機能やサイドビューモニター、オートハイビームなどをセットにしたもので、マルチインフォメーションディスプレイにも、システムの状態を表示する専用の画面が追加される。
サイドミラーに備わる後側方警戒支援機能のインジケーター。自車の斜め後方に他の車両がいる場合や、隣車線を後方から急接近してくる車両がある場合、駐車場から後退して出庫する際などに後側方から接近する車両がある場合などに点灯する。
サイドミラーに備わる後側方警戒支援機能のインジケーター。自車の斜め後方に他の車両がいる場合や、隣車線を後方から急接近してくる車両がある場合、駐車場から後退して出庫する際などに後側方から接近する車両がある場合などに点灯する。
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.31 試乗記 300psの直噴ターボエンジンを搭載したスバルのスポーツセダン「WRX S4」が、デビューから1年を待たずに、足まわりの調整や安全装備の強化といった改良を受けた。エントリーグレード「2.0GT EyeSight」の試乗を通し、その出来栄えをチェックする。
  • スバル・レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.5 試乗記 6代目となり、先代よりさらにひとまわり大きくなった「スバル・レガシィ」。セダンの上級グレード「B4リミテッド」に試乗し、どのような変化を遂げたのか確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
ホームへ戻る