スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)

細やかな改良がもたらす好循環 2015.07.31 試乗記 年次改良を受けたスバルのスポーツセダン「WRX S4」に試乗。エントリーグレード「2.0GT EyeSight」を借り出し、再チューニングを受けたという足まわりの出来栄えをチェックした。

注目は変更された足まわりのセッティング

なんで「インプレッサ」じゃだめなの?
なんで乗り心地こんなにキツいの?

……と、上記2点の理由により、僕とWRX S4との相性は概してあまりいいものではなく、その旨はかつてこちらの記事で書かせていただいたことがある。
まぁインプレッサうんぬんの件は、スバルの商品企画における大人の事情もあるのだろう。こっちは従来の「レガシィB4ターボ」的な位置づけだからして、その名は使いたくないと。それは察せなくもない。が、同じWRX銘柄で傍らに「STI」がありながら、なんでこっちはもっと穏やかなキャラクターにしようと思わないわけ? という疑問は幾度かの試し乗りの機会では、どうしても晴れなかった。

と、そんな最中に舞い込んだのがS4の年次改良の話だ。その目玉は安全装備のアップデート。先んじて「レヴォーグ」に搭載された「アドバンスドセイフティパッケージ」がこちらにも展開されたというものだ。後ろ側方からの接近車の警告機能をはじめ、オートハイビームやサイドビューモニター、そして前方車への接近警告をフロントガラスに映し出す「アイサイトアシストモニター」の4アイテムがセットオプションとなっている。また、「2.0GT-S EyeSight」(以下、GT-Sグレード)には新たに245/40R18サイズのタイヤ&ホイールやサンルーフがオプションとして用意された。そのほか、センターコンソールに配されるUSBアウトレットを2Aにして電子機器への給電量を高めるなど、細かいところまでユーザーの声をくみ上げていることが伝わってくる。

と、それらと併せて記載されていた変更点が、「2.0GT EyeSight」(以下、GTグレード)のサスペンション変更だ。具体的にはフリクションを最適化した新型ダンパーを採用することで、微小入力域から減衰を働くようにして乗り心地を向上……とされている。
おお、早速変更されたのか。どんなもんだか興味津々……と思っていたところに、編集部から試乗のオファーが舞い込んだ。恐らくは前回の遺恨を踏まえての再戦ということだろう。もちろん二つ返事でお引き受けしての試乗当日と相成った。

2014年8月に登場した「WRX S4」。「WRX STI」が従来モデルと同じくポート噴射の2リッターターボエンジンと6段MTを搭載しているのに対し、S4は2リッター直噴ターボとCVTを採用している。
2014年8月に登場した「WRX S4」。「WRX STI」が従来モデルと同じくポート噴射の2リッターターボエンジンと6段MTを搭載しているのに対し、S4は2リッター直噴ターボとCVTを採用している。
「WRX S4 2.0GT EyeSight」のインテリア。従来モデルからの大きな変更点はない。
「WRX S4 2.0GT EyeSight」のインテリア。従来モデルからの大きな変更点はない。
新たなオプション装備の「アドバンスドセイフティパッケージ」。後側方警戒支援機能やサイドビューモニター、オートハイビームなどをセットにしたもので、マルチインフォメーションディスプレイにも、システムの状態を表示する専用の画面が追加される。
新たなオプション装備の「アドバンスドセイフティパッケージ」。後側方警戒支援機能やサイドビューモニター、オートハイビームなどをセットにしたもので、マルチインフォメーションディスプレイにも、システムの状態を表示する専用の画面が追加される。
サイドミラーに備わる後側方警戒支援機能のインジケーター。自車の斜め後方に他の車両がいる場合や、隣車線を後方から急接近してくる車両がある場合、駐車場から後退して出庫する際などに後側方から接近する車両がある場合などに点灯する。
サイドミラーに備わる後側方警戒支援機能のインジケーター。自車の斜め後方に他の車両がいる場合や、隣車線を後方から急接近してくる車両がある場合、駐車場から後退して出庫する際などに後側方から接近する車両がある場合などに点灯する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX S4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る