VWティグアンに新たなエントリーモデルが登場

2015.07.28 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ティグアン ラウンジ エディション」
「フォルクスワーゲン・ティグアン ラウンジ エディション」

「フォルクスワーゲン・ティグアン」に新たなエントリーモデルが登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年7月28日、SUVの「フォルクスワーゲン・ティグアン」のラインナップに新たなエントリーモデル「Lounge Edition(ラウンジ エディション)」を追加し、販売を開始した。

 

ティグアンのラウンジ エディションは、「ティグアンTSIブルーモーション テクノロジー R-Lineパッケージ」と同じ、160psの1.4リッターツインチャージャーエンジンと6段ATを搭載するエントリーモデル。
MirrorLink、Apple CarPlay、Android Autoに対応するスマートフォンとの連動が容易に行える、「App Connect(アップコネクト)」付きの純正オーディオ「Composition Media」も与えられる。

なお、このComposition Mediaは、これを機に、2リッターの4WDモデル「ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION」にも追加された。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・ティグアン ラウンジ エディション:342万円
・ティグアンTSIブルーモーション テクノロジー R-Lineパッケージ:407万9000円
・ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION:419万9000円
・ティグアン2.0 TSI R-Line 4MOTION:483万2000円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティグアンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る