VWティグアンに新たなエントリーモデルが登場

2015.07.28 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ティグアン ラウンジ エディション」
「フォルクスワーゲン・ティグアン ラウンジ エディション」

「フォルクスワーゲン・ティグアン」に新たなエントリーモデルが登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年7月28日、SUVの「フォルクスワーゲン・ティグアン」のラインナップに新たなエントリーモデル「Lounge Edition(ラウンジ エディション)」を追加し、販売を開始した。

 

ティグアンのラウンジ エディションは、「ティグアンTSIブルーモーション テクノロジー R-Lineパッケージ」と同じ、160psの1.4リッターツインチャージャーエンジンと6段ATを搭載するエントリーモデル。
MirrorLink、Apple CarPlay、Android Autoに対応するスマートフォンとの連動が容易に行える、「App Connect(アップコネクト)」付きの純正オーディオ「Composition Media」も与えられる。

なお、このComposition Mediaは、これを機に、2リッターの4WDモデル「ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION」にも追加された。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・ティグアン ラウンジ エディション:342万円
・ティグアンTSIブルーモーション テクノロジー R-Lineパッケージ:407万9000円
・ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION:419万9000円
・ティグアン2.0 TSI R-Line 4MOTION:483万2000円

(webCG)

関連キーワード:
ティグアンフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.10.27 試乗記 フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル「アルテオン」。流麗な5ドアクーペのスタイリングをまとったニューカマーの実力を、アウトバーンを中心にドイツの一般道で試した。
  • フォルクスワーゲンが新型SUV「T-Roc」を世界初公開 2017.8.24 自動車ニュース
  • 第3回:実力チェック! ボルボのSENSUS 2017.12.8 徹底検証! ボルボXC60