VWティグアンに新たなエントリーモデルが登場

2015.07.28 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ティグアン ラウンジ エディション」
「フォルクスワーゲン・ティグアン ラウンジ エディション」

「フォルクスワーゲン・ティグアン」に新たなエントリーモデルが登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年7月28日、SUVの「フォルクスワーゲン・ティグアン」のラインナップに新たなエントリーモデル「Lounge Edition(ラウンジ エディション)」を追加し、販売を開始した。

 

ティグアンのラウンジ エディションは、「ティグアンTSIブルーモーション テクノロジー R-Lineパッケージ」と同じ、160psの1.4リッターツインチャージャーエンジンと6段ATを搭載するエントリーモデル。
MirrorLink、Apple CarPlay、Android Autoに対応するスマートフォンとの連動が容易に行える、「App Connect(アップコネクト)」付きの純正オーディオ「Composition Media」も与えられる。

なお、このComposition Mediaは、これを機に、2リッターの4WDモデル「ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION」にも追加された。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・ティグアン ラウンジ エディション:342万円
・ティグアンTSIブルーモーション テクノロジー R-Lineパッケージ:407万9000円
・ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION:419万9000円
・ティグアン2.0 TSI R-Line 4MOTION:483万2000円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
ホームへ戻る