トヨタ、「プリウスPHV」を発表

2011.11.29 自動車ニュース
「プリウスPHV」
トヨタ、「プリウスPHV」を発表

トヨタ、「プリウス プラグインハイブリッド」を発表

トヨタ自動車は2011年11月29日、「プリウス プラグインハイブリッド」を発表した。2012年1月30日に発売する。価格は320万円から。

荷室フロア下に搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量は4.4kWh。従来型「プリウスPHV」のものと比べて、体積は57%減の87リッター、重量は80kg減の80kgと、大幅に軽量コンパクト化されている。
荷室フロア下に搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量は4.4kWh。従来型「プリウスPHV」のものと比べて、体積は57%減の87リッター、重量は80kg減の80kgと、大幅に軽量コンパクト化されている。
 
トヨタ、「プリウスPHV」を発表の画像
EV走行比率画面
EV走行比率画面

「プリウス プラグインハイブリッド(PHV)」は、「プリウス」よりも高容量の走行用バッテリーを搭載してモーター単独による走行距離を拡大し、家庭用電源などからの充電を可能としたモデル。電気自動車(EV)走行に必要な電力を使い切ると自動的にハイブリッド車(HV)に切り替わるため、バッテリー切れを心配することなく走行できるのが特徴だ。

量産版は新開発の高容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、プラグインハイブリッド燃費(複合燃料消費率)で61.0km/リッター、ハイブリッド燃費で31.6km/リッター(JC08モード)と発表されている。一方、充電電力を使用したEV走行可能距離は26.4kmをうたっている(数値はいずれも「G」および「S」グレードのもの)。量産版では小型のバッテリーパックを採用することによって荷室が拡大しており、リース限定車では403リッターだった容量がプリウスと同等の443リッターとなる。

充電は車体後部の右側にある「充電リッド」を通じて行う。AC200V電源だと満充電までに約90分、AC100Vでは約180分かかる。電力だけで走行するEVよりバッテリー容量が少ないために、短時間での満充電が可能とうたわれている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4480×1745×1490mmで、ホイールベースが2700mmとプリウスと同じ。エクステリアでは、ブルーのアクセントが加えられたヘッドランプ、フロントまわりのクロムモール、シルバーのドアノブなどがPHV専用の加飾となる。リアコンビネーションランプもクリアレンズを採用した専用品となる。

発売は2012年1月30日を予定。プリウス同様、全トヨタ販売店(トヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店)を通じて販売される。月販目標は3000台。価格は次のとおり。

「パワーモード」「エコドライブモード」「EV/HVモード切替え」という3つのモードスイッチが用意される。
「パワーモード」「エコドライブモード」「EV/HVモード切替え」という3つのモードスイッチが用意される。
側面右後ろに「充電リッド」が用意される。夜間の作業を考慮し、LED照明が付く。
側面右後ろに「充電リッド」が用意される。夜間の作業を考慮し、LED照明が付く。
 
トヨタ、「プリウスPHV」を発表の画像

・プリウスPHV S 320万円
・プリウスPHV G 340万円
・プリウスPHV G “レザーパッケージ” 420万円

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスPHVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV(FF/CVT)【試乗記】 2016.8.27 試乗記 国内での発売が待たれる新型「プリウスPHV」に、サーキットで試乗。トヨタがハイブリッド車につぐ「次世代環境車の柱」と位置づける、プラグインハイブリッド車の乗り心地や使い勝手を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV【開発者インタビュー】 2016.9.4 試乗記 トヨタのプラグインハイブリッド車「プリウスPHV」がフルモデルチェンジ。2代目となる新たなエコカーに込められた思いとは? 発売を前に、開発責任者に話を聞いた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る