VWゴルフヴァリアントの装備が充実

2015.07.28 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントR-Line」
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントR-Line」 拡大

フォルクスワーゲン、「ゴルフヴァリアント」の装備をアップグレード

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年7月28日、「ゴルフヴァリアント」の一部装備を見直し、販売を開始した。

 

今回、ゴルフヴァリアントの各モデルについて、インフォテインメントシステムや安全装備の充実が図られた。

主なアイテムは、以下の通り。(カッコ内は対象となる車種)
・App Connect+MEDIA-IN:(「TSI コンフォートライン」「TSI ハイライン」「R-Line」に標準装備)
・MirrorLink(「ゴルフR ヴァリアント<以下R>」に標準装備/R 以外の全車にオプション設定)
・リアビューカメラ“Rear Assist”(TSI ハイライン、R-Lineに標準装備)
・ブラインドスポットディテクション(TSI ハイライン、R-Lineにオプション設定)
・リアトラフィックアラート(TSI ハイライン、R-Lineにオプション設定)

・パークディスタンスコントロール+オプティカルパーキングシステム(TSI ハイライン、R-Lineにオプション設定)
・バイキセノンヘッドライトパッケージ(TSI コンフォートラインにオプション設定)
・電動パノラマスライディングルーフ(Rにオプション設定)

ラインナップと価格は、以下の通り。
・ゴルフヴァリアントTSI コンフォートライン:289万9000円
・ゴルフヴァリアントTSI ハイライン:348万7000円
・ゴルフヴァリアントR-Line:369万1000円
・ゴルフR ヴァリアント:559万円

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.4 試乗記 フォルクスワーゲン(VW)が「パサート」のディーゼルモデルをリリースした。パサートといえば“質実剛健”を地でいく上質な実用車。そこに同じく実用エンジンのディーゼルを組み合わせると、仕上がりはどんな感じ? ワゴンのヴァリアントでテストした。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる? 2018.4.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第85回は「日産はカーマニアを切り捨ててる?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビューに際し、いちカーマニアとして筆者は何を思うのか!? クルマ好きが“良し”とするデザインとは?    
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
ホームへ戻る