VWゴルフヴァリアントの装備が充実

2015.07.28 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントR-Line」
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントR-Line」

フォルクスワーゲン、「ゴルフヴァリアント」の装備をアップグレード

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年7月28日、「ゴルフヴァリアント」の一部装備を見直し、販売を開始した。

 

今回、ゴルフヴァリアントの各モデルについて、インフォテインメントシステムや安全装備の充実が図られた。

主なアイテムは、以下の通り。(カッコ内は対象となる車種)
・App Connect+MEDIA-IN:(「TSI コンフォートライン」「TSI ハイライン」「R-Line」に標準装備)
・MirrorLink(「ゴルフR ヴァリアント<以下R>」に標準装備/R 以外の全車にオプション設定)
・リアビューカメラ“Rear Assist”(TSI ハイライン、R-Lineに標準装備)
・ブラインドスポットディテクション(TSI ハイライン、R-Lineにオプション設定)
・リアトラフィックアラート(TSI ハイライン、R-Lineにオプション設定)

・パークディスタンスコントロール+オプティカルパーキングシステム(TSI ハイライン、R-Lineにオプション設定)
・バイキセノンヘッドライトパッケージ(TSI コンフォートラインにオプション設定)
・電動パノラマスライディングルーフ(Rにオプション設定)

ラインナップと価格は、以下の通り。
・ゴルフヴァリアントTSI コンフォートライン:289万9000円
・ゴルフヴァリアントTSI ハイライン:348万7000円
・ゴルフヴァリアントR-Line:369万1000円
・ゴルフR ヴァリアント:559万円

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
  • 第10回:「ボルボXC60」フォトギャラリー 2018.1.30 徹底検証! ボルボXC60 スタイリッシュな新世代デザインをまとってデビューした、2代目「ボルボXC60」。“北欧らしい独創性”を持ち味とするエクステリアとインテリアを、さまざまな角度から写真で紹介する。
ホームへ戻る