ホンダS660 無限パーツ装着車(MR/6MT)/ステップワゴン スパーダ 無限パーツ装着車(FF/CVT)

レース屋の本領発揮 2015.08.03 試乗記 NISMO/無限/STI/TRDという自動車メーカー直系の4ブランドが箱根で合同試乗会を開催。今回は無限が持ち込んだ2台、「S660」と「ステップワゴン スパーダ」をリポートする。ホンダのワークスとして培ってきた経験は、市販パーツの開発やセッティングにどのように生かされているのだろうか? 

俺たちがやらなきゃだめだろう!

ホンダワークスである無限の目玉は、今年デビューしたばかりのS660。エンジン内部こそフルノーマルながら、これをいち早く足まわりからフルエアロまでラインナップしたのは、彼らにとってもちょっとした自慢だったようで、「ホンダ久々のスポーツモデルの登場には、社内でも、俺たちがやらなきゃだめだろう! という雰囲気が自然と高まりました」と、若手広報担当氏が、熱く語ってくれた。

ノーマルのS660に対して最も大きく変わっていたのは、その身のこなし。その中核をなすのはスポーツサスペンションで、無限いわくスプリングレートとダンパー減衰力の最適化によりコーナリングスピードを向上させたとのことだったが、そうしたパフォーマンスアップ以上に印象的だったのは、操舵(そうだ)に対するフロントサスペンションの、驚くほどフリクションを感じさせないスムーズさであった。

というのも、純正S660のハンドリングは「アドバン・ネオバAD08R」の強力なグリップ力が支配的で、タイヤが発生させたGによってクルマがロールを開始する。だから通常はどっしりとした乗り味で、コーナーではじわりと姿勢が変化する安定型の印象があった。対して無限S660のハンドリングは、最初からタイヤのグリップ力と操舵、そしてクルマのロールに一体感がある。スッとハンドルを切ると、タメを置かずにロールが始まるコーナリングには、むしろロール剛性を下げたかのような軽やかさを感じた。

ホンダのオープン軽「S660」がデビューしたのは、2015年4月2日。以降、無限(M-TEC)が開発したチューニングパーツやドレスアップアイテムも順次発売されている。
ホンダのオープン軽「S660」がデビューしたのは、2015年4月2日。以降、無限(M-TEC)が開発したチューニングパーツやドレスアップアイテムも順次発売されている。
無限パーツで飾られた、「ホンダS660」のインテリア。真っ赤な「スポーツマット」が目を引く。
無限パーツで飾られた、「ホンダS660」のインテリア。真っ赤な「スポーツマット」が目を引く。
アルミニウムにカーボンを積層した「カーボンシフトノブ」は、1万2960円。テスト車には、シフトストロークの短い「クイックシフター」も組み込まれていた。
アルミニウムにカーボンを積層した「カーボンシフトノブ」は、1万2960円。テスト車には、シフトストロークの短い「クイックシフター」も組み込まれていた。
FRP製の「フロントエアロフェンダー」。ホイールハウス後方の部分には、ノーマル車とは異なる水平基調のスリットが設けられている。
FRP製の「フロントエアロフェンダー」。ホイールハウス後方の部分には、ノーマル車とは異なる水平基調のスリットが設けられている。
関連記事
  • ホンダS660 β(MR/CVT)【試乗記】 2015.5.11 試乗記 発売されるや自動車ファンからの大喝采を浴びた、ホンダの新型2シータースポーツ「S660」。実際に乗ってみたら、どうだった? CVTのベーシックモデルで、その実力を試した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • ホンダS660 α モデューロパーツ装着車(MR/6MT)【レビュー】 2015.9.19 試乗記 “プレモル”的な味わいがある? ホンダの純正アクセサリーブランド、モデューロのカスタマイズパーツを装着した「S660」に試乗。純正のことを知り尽くしたモデューロならではの、純正の乗り味を大切にした“プレミアムな走りの味”をリポートする。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • ホンダS660 無限パーツ装着車(MR/6MT)【試乗記】 2015.9.28 試乗記 ホンダの軽スポーツ「S660」用に、無限(M-TEC)が30品目を超えるスペシャルパーツを開発した。今回は、それらのアイテムを装着した、“無限仕様”のS660に試乗。ノーマル車との走りの違いを報告する。
  • ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.6.1 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る