ホンダS660 無限パーツ装着車(MR/6MT)/ステップワゴン スパーダ 無限パーツ装着車(FF/CVT)

レース屋の本領発揮 2015.08.03 試乗記 NISMO/無限/STI/TRDという自動車メーカー直系の4ブランドが箱根で合同試乗会を開催。今回は無限が持ち込んだ2台、「S660」と「ステップワゴン スパーダ」をリポートする。ホンダのワークスとして培ってきた経験は、市販パーツの開発やセッティングにどのように生かされているのだろうか? 

俺たちがやらなきゃだめだろう!

ホンダワークスである無限の目玉は、今年デビューしたばかりのS660。エンジン内部こそフルノーマルながら、これをいち早く足まわりからフルエアロまでラインナップしたのは、彼らにとってもちょっとした自慢だったようで、「ホンダ久々のスポーツモデルの登場には、社内でも、俺たちがやらなきゃだめだろう! という雰囲気が自然と高まりました」と、若手広報担当氏が、熱く語ってくれた。

ノーマルのS660に対して最も大きく変わっていたのは、その身のこなし。その中核をなすのはスポーツサスペンションで、無限いわくスプリングレートとダンパー減衰力の最適化によりコーナリングスピードを向上させたとのことだったが、そうしたパフォーマンスアップ以上に印象的だったのは、操舵(そうだ)に対するフロントサスペンションの、驚くほどフリクションを感じさせないスムーズさであった。

というのも、純正S660のハンドリングは「アドバン・ネオバAD08R」の強力なグリップ力が支配的で、タイヤが発生させたGによってクルマがロールを開始する。だから通常はどっしりとした乗り味で、コーナーではじわりと姿勢が変化する安定型の印象があった。対して無限S660のハンドリングは、最初からタイヤのグリップ力と操舵、そしてクルマのロールに一体感がある。スッとハンドルを切ると、タメを置かずにロールが始まるコーナリングには、むしろロール剛性を下げたかのような軽やかさを感じた。

ホンダのオープン軽「S660」がデビューしたのは、2015年4月2日。以降、無限(M-TEC)が開発したチューニングパーツやドレスアップアイテムも順次発売されている。
ホンダのオープン軽「S660」がデビューしたのは、2015年4月2日。以降、無限(M-TEC)が開発したチューニングパーツやドレスアップアイテムも順次発売されている。
無限パーツで飾られた、「ホンダS660」のインテリア。真っ赤な「スポーツマット」が目を引く。
無限パーツで飾られた、「ホンダS660」のインテリア。真っ赤な「スポーツマット」が目を引く。
アルミニウムにカーボンを積層した「カーボンシフトノブ」は、1万2960円。テスト車には、シフトストロークの短い「クイックシフター」も組み込まれていた。
アルミニウムにカーボンを積層した「カーボンシフトノブ」は、1万2960円。テスト車には、シフトストロークの短い「クイックシフター」も組み込まれていた。
FRP製の「フロントエアロフェンダー」。ホイールハウス後方の部分には、ノーマル車とは異なる水平基調のスリットが設けられている。
FRP製の「フロントエアロフェンダー」。ホイールハウス後方の部分には、ノーマル車とは異なる水平基調のスリットが設けられている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る