第8回:専門家が語る「クリーンディーゼル」

大切なのは、選択肢が増えること 2015.08.13 特集 クリーンディーゼル普及促進協議会 会長
東京工業大学 ソリューション研究機構 特任教授
一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会 事務局長

金谷年展(かなや としのぶ)さん

環境問題とエネルギー戦略の専門家がボルボの最新ディーゼルモデルに試乗。クリーンディーゼルをさらに普及させるための課題と、今日の日本においてディーゼルを選ぶ意義について語ってもらった。

乗ればわかる日進月歩の進化

ボルボが日本に導入したディーゼルモデル「V40 D4 SE」のステアリングホイールを握った金谷年展さんは、「静かで滑らか、素晴らしいフィーリングです」とすっかり感心した様子だった。
東京工業大学ソリューション研究機構の特任教授を務める金谷さんは、環境・エネルギーの専門家だ。著書に『世界を変える、クール・ソリューション―低炭素社会の新しい競争と選択』(ダイヤモンド社)や、共著に『ディーゼルこそが、地球を救う―なぜ、環境先進国はディーゼルを選択するのか?』(ダイヤモンド社)などがある。

「国内外のさまざまなディーゼル車に乗ってきましたが、今日初めてボルボのクルマに乗ってみて、ディーゼルの技術が日進月歩で進化していると実感しました。ディーゼルの発進加速が力強いことは知っていましたが、このクルマにはどこにも荒っぽいところがありません。そして、このどこまでもスピードが伸びそうな心地よい感覚……、ぜひ多くの方に体験していただきたいと思います」

そして金谷さんは、「このフィーリングを味わっていただきたいのはもちろんですが、ディーゼル乗用車が増えることは社会的にも意味があります」と続けた。
では、なぜディーゼル乗用車は増えるべきなのか。金谷さんによれば、4つの理由が挙げられるという。

まずひとつが、エネルギーバランスの最適化だ。
「原油を精製する過程では、必ず軽油が生まれます。最近は多少増えましたが、日本においては軽油を使うディーゼル乗用車は圧倒的な少数派です。すると、コストをかけて資源を消費しながら、軽油を別のエネルギーに変えなければなりません。ディーゼル乗用車が軽油を使えば、そんな無駄を省くことができます」

今回、金谷氏が試乗したのは「ボルボV40 D4 SE」。メモリー機能付き運転席パワーシートやシフトパドルなどを備えた「V40」の上級グレードにあたる。
今回、金谷氏が試乗したのは「ボルボV40 D4 SE」。メモリー機能付き運転席パワーシートやシフトパドルなどを備えた「V40」の上級グレードにあたる。
「V40 D4 SE」のインストゥルメントパネルまわり。内外装とも、従来のガソリン車からの大きな変更点はない。
「V40 D4 SE」のインストゥルメントパネルまわり。内外装とも、従来のガソリン車からの大きな変更点はない。
デジタル表示の単眼式メーター。かつてのディーゼル車にあったような、グロープラグのインジケーターは見当たらない。
デジタル表示の単眼式メーター。かつてのディーゼル車にあったような、グロープラグのインジケーターは見当たらない。
<プロフィール>
1990年、東北大学大学院理学研究科博士課程を修了後、(株)富士総合研究所に入社。主事研究員を務めた後、慶應義塾大学大学院政策メディア研究科教授などを経て、2012年4月に慶應義塾大学SFC研究所上席所員に就任。2012年5月から、東京工業大学ソリューション研究機構の特任教授を務めている。
<プロフィール>
    1990年、東北大学大学院理学研究科博士課程を修了後、(株)富士総合研究所に入社。主事研究員を務めた後、慶應義塾大学大学院政策メディア研究科教授などを経て、2012年4月に慶應義塾大学SFC研究所上席所員に就任。2012年5月から、東京工業大学ソリューション研究機構の特任教授を務めている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。