第4回:BMWと比較試乗! ボルボV60 D4 SE

ドライバーズ・ワゴン 2015.08.03 徹底検証! ボルボのディーゼル ボルボの基幹モデル「V60」は、クリーンディーゼルエンジンを得たことで、どんなクルマになったのだろうか。日本市場におけるディーゼル・ワゴンの先達(せんだつ)、「BMW 320dツーリング」との比較を通して、その実像に迫った。

いま、ボルボがアツい!?

会社の規模としては決して“大メーカー”とはいえない、スウェーデンのボルボ。しかし今、その存在感が、かつてないほどに強まっている。

「V40」のスーパーヒット、新世代エンジンの搭載、そして生産設備の手入れにまでおよんだボディー基本骨格の刷新等々……積極的な“攻め”の姿勢を感じさせるさまざまなニュースが耳に飛び込んできたことは、昨今のこのブランドの特質によるものといえる。

そして今、またまた気になるトピックが世間をにぎわわせている。V40、「V40クロスカントリー」「XC60」「S60」、そしてV60と、現在日本で販売されている主要モデルにおいて、最新のクリーンディーゼルエンジンを搭載するバージョンが一斉に発売されたのだ。

実はボルボは、過去にもディーゼル乗用車を日本で販売した実績がある。「240ディーゼル」「760ターボディーゼル」という、2台のセダンがそれだ。
しかし、クラシカルな車名からも想像できる通り、それはもはや30年以上も前のハナシ。
もちろん、ディーゼルエンジンの搭載が必須の要件として求められる欧州市場への対応もあって、生産そのものはそれ以降も継続されてはいた。けれども、日本市場への導入は、今回が32年ぶりのことになる。まさに“満を持して”というフレーズを使うにふさわしい、ディーゼルバージョン発売というわけなのだ。

日本で「ボルボV60」が発売されたのは、2011年6月のこと。2013年8月には安全装備を充実させたフェイスリフト版が導入され、2015年7月、クリーンディーゼル搭載モデルが上陸を果たした。
日本で「ボルボV60」が発売されたのは、2011年6月のこと。2013年8月には安全装備を充実させたフェイスリフト版が導入され、2015年7月、クリーンディーゼル搭載モデルが上陸を果たした。
「ボルボV60 D4 SE」のインテリア。テスト車には、ソフトベージュのレザーシートが与えられていた。
「ボルボV60 D4 SE」のインテリア。テスト車には、ソフトベージュのレザーシートが与えられていた。
今回のテストドライブでは、比較対象として、「V60 D4 SE」と同様に2リッター直4ディーゼルターボを搭載するワゴン「BMW 320dツーリング スポーツ」を連れ出した。
今回のテストドライブでは、比較対象として、「V60 D4 SE」と同様に2リッター直4ディーゼルターボを搭載するワゴン「BMW 320dツーリング スポーツ」を連れ出した。
ボルボとBMW、2台そろってのリアビュー。サイドウィンドウやリアコンビランプの形状に、それぞれの個性が見られる。
ボルボとBMW、2台そろってのリアビュー。サイドウィンドウやリアコンビランプの形状に、それぞれの個性が見られる。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.21 試乗記 2017年にボルボが宣言した、近い将来における全モデルの電動化。「V90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション」は、その先駆けともいえるプラグインハイブリッド車だ。ボルボの将来を占う“試金石”の出来栄えは?
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールR-DYNAMIC HSE(D1... 2017.12.5 試乗記