第4回:BMWと比較試乗! ボルボV60 D4 SE

ドライバーズ・ワゴン 2015.08.03 徹底検証! ボルボのディーゼル ボルボの基幹モデル「V60」は、クリーンディーゼルエンジンを得たことで、どんなクルマになったのだろうか。日本市場におけるディーゼル・ワゴンの先達(せんだつ)、「BMW 320dツーリング」との比較を通して、その実像に迫った。

いま、ボルボがアツい!?

会社の規模としては決して“大メーカー”とはいえない、スウェーデンのボルボ。しかし今、その存在感が、かつてないほどに強まっている。

「V40」のスーパーヒット、新世代エンジンの搭載、そして生産設備の手入れにまでおよんだボディー基本骨格の刷新等々……積極的な“攻め”の姿勢を感じさせるさまざまなニュースが耳に飛び込んできたことは、昨今のこのブランドの特質によるものといえる。

そして今、またまた気になるトピックが世間をにぎわわせている。V40、「V40クロスカントリー」「XC60」「S60」、そしてV60と、現在日本で販売されている主要モデルにおいて、最新のクリーンディーゼルエンジンを搭載するバージョンが一斉に発売されたのだ。

実はボルボは、過去にもディーゼル乗用車を日本で販売した実績がある。「240ディーゼル」「760ターボディーゼル」という、2台のセダンがそれだ。
しかし、クラシカルな車名からも想像できる通り、それはもはや30年以上も前のハナシ。
もちろん、ディーゼルエンジンの搭載が必須の要件として求められる欧州市場への対応もあって、生産そのものはそれ以降も継続されてはいた。けれども、日本市場への導入は、今回が32年ぶりのことになる。まさに“満を持して”というフレーズを使うにふさわしい、ディーゼルバージョン発売というわけなのだ。

日本で「ボルボV60」が発売されたのは、2011年6月のこと。2013年8月には安全装備を充実させたフェイスリフト版が導入され、2015年7月、クリーンディーゼル搭載モデルが上陸を果たした。
日本で「ボルボV60」が発売されたのは、2011年6月のこと。2013年8月には安全装備を充実させたフェイスリフト版が導入され、2015年7月、クリーンディーゼル搭載モデルが上陸を果たした。
    拡大
「ボルボV60 D4 SE」のインテリア。テスト車には、ソフトベージュのレザーシートが与えられていた。
「ボルボV60 D4 SE」のインテリア。テスト車には、ソフトベージュのレザーシートが与えられていた。
    拡大
今回のテストドライブでは、比較対象として、「V60 D4 SE」と同様に2リッター直4ディーゼルターボを搭載するワゴン「BMW 320dツーリング スポーツ」を連れ出した。
今回のテストドライブでは、比較対象として、「V60 D4 SE」と同様に2リッター直4ディーゼルターボを搭載するワゴン「BMW 320dツーリング スポーツ」を連れ出した。
    拡大
ボルボとBMW、2台そろってのリアビュー。サイドウィンドウやリアコンビランプの形状に、それぞれの個性が見られる。
ボルボとBMW、2台そろってのリアビュー。サイドウィンドウやリアコンビランプの形状に、それぞれの個性が見られる。
    拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • 第28回:ボルボXC40と恐るべきジーリーの野望
    ボルボオシャレ革命! ウラにはあの国の特大マネーが!?
    2017.10.31 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ まさにボルボのオシャレ革命! 新しい小型SUV「XC40」のお披露目の場に選ばれたのはファッションウイーク開催中のミラノだった。しかも車内のいたるところに日本車もビックリな気配りが……。小沢コージがリポート!
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ジュネーブモーターショー2018(その8) 2018.3.9 画像・写真 ボルボはジュネーブモーターショー2018で、新型「V60」を一般公開した。その姿を画像で紹介する。
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
ホームへ戻る