BMW 218dグランツアラー Mスポーツ(FF/8AT)

日本市場をおろそかにしない 2015.07.31 試乗記 BMW初のミニバン「2シリーズ グランツアラー」に試乗。その出来栄えからは、日本市場をおろそかにしないというインポーターの姿勢が感じられた。

あのBMWがミニバンを?

言わずと知れたプレミアムブランドのBMWが、ミニバンをリリースしたという。おまけにすでに「MINI」で展開済みのFFベースというから、今更ながら筆者のまわりのプレミアム&FR信奉者からは「BMWよ、お前もか」という声が聞こえてくる。

しかしビジネスである以上、そんなことは言っていられない。それに「大は小を兼ねる」ではないが、実際に図体のでかいミニバンが市場を形成し、カーライフを豊かにしてきたことは否定できない。

しかもBMWには、既存のラインナップやそれらが築いたブランドイメージは維持しつつ、新しい顧客を獲得しようという意図が感じ取れる。これに関しては「A」や「B」や「GLA」など、5つのFFモデルを展開するメルセデス・ベンツも同じだが、こちらはミニバンについては未着手だ。後述するディーゼルエンジンを最初からラインナップしている点も併せ、BMWの戦略からは日本市場を決しておろそかにしない姿勢が見て取れ、その結果としてユーザーがメリットを享受できるのである。

前置きが長くなったが、このクルマは日本で一般的な箱型ミニバンとは一線を画す、強いて言えば「トヨタ・ウィッシュ」や「マツダ・プレマシー」などと同じクラスに属する。既発の「2シリーズ アクティブツアラー」の全長、ホイールベース、全高を拡大することで3列目のスペースを確保すると同時に、他の席の快適性もさらに向上させている。

ただ、せっかく採用された3列目シートではあるが、そこは一種の割り切りが必要。短時間の乗車であればまったく問題ないが、大人7人がリアルにドライブというのはやはり無理がある。しかし、ここで視点と考え方を切り替えてみたい。3列目を格納した際のラゲッジ容量は560リッターと、同クラスのステーションワゴンをしのぐ広さで、さらに40:20:40分割可倒式の2列目シートをすべて倒せば1820リッターまで拡大できる。要は自分の使い方次第で、国産車のお株を奪う実用性が手に入るのだ。また、これらのシートアレンジが非常に簡単に行えた点も付記しておきたい。

「218dグランツアラー Mスポーツ」のインストゥルメントパネルまわり。
「218dグランツアラー Mスポーツ」のインストゥルメントパネルまわり。
フロントシートには、オプションで電動調整機構やシートヒーターが用意されている。
フロントシートには、オプションで電動調整機構やシートヒーターが用意されている。
2列目シートには3分割式の可等機構に加え、左右独立式(6:4分割)のスライド調整機構が備わる。
2列目シートには3分割式の可等機構に加え、左右独立式(6:4分割)のスライド調整機構が備わる。
ラゲッジルームは、3列目シートを倒した状態で560リッターの容量を確保。トノカバーは、使わないときは床下に収納できる。
ラゲッジルームは、3列目シートを倒した状態で560リッターの容量を確保。トノカバーは、使わないときは床下に収納できる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2シリーズ グランツアラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る