第3回「くるまマイスター検定」申込受付始まる

2015.07.30 自動車ニュース
会場では、くるま文化の熟成に貢献していると思われる人物を表彰する「日本ベスト・カー・フレンド賞2015」の授賞式も行われた。今回選ばれたのは、黒柳徹子、三原じゅん子、平成ノブシコブシ吉村崇(写真左から2番目)、はるな愛(同3番目)の4氏。
会場では、くるま文化の熟成に貢献していると思われる人物を表彰する「日本ベスト・カー・フレンド賞2015」の授賞式も行われた。今回選ばれたのは、黒柳徹子、三原じゅん子、平成ノブシコブシ吉村崇(写真左から2番目)、はるな愛(同3番目)の4氏。

第3回「くるまマイスター検定」の申込受付始まる

一般社団法人日本マイスター検定協会は2015年7月29日、東京都江東区のMEGA WEB(メガウェブ)において、第3回「くるまマイスター検定」の開催概要を発表した。

「くるまマイスター検定」応援団長のテリー伊藤氏は、今回の「日本ベスト・カー・フレンド賞」のMCも務め、吉村崇、はるな愛とのトークで会場を盛り上げた。
「くるまマイスター検定」応援団長のテリー伊藤氏は、今回の「日本ベスト・カー・フレンド賞」のMCも務め、吉村崇、はるな愛とのトークで会場を盛り上げた。
一般社団法人日本マイスター検定協会 代表理事の山内良信氏。
一般社団法人日本マイスター検定協会 代表理事の山内良信氏。

くるまマイスター検定とは、「近年の『くるま』離れを危惧し、もっと幅広い人たちに『くるま』への興味を抱いていただきたい。そして『くるま』のある生活を楽しんでいただきたい」という思いから創設されたという検定試験で、2013年に同検定を主催する日本マイスター検定協会が立ち上げられ、2014年から検定が実施されている。同年に行われた2回の検定では、第1回が815人、第2回が571人の、延べ1386人が受検し、793人のくるまマイスター(合格者)が誕生したという。

発表会の冒頭に登壇した同協会 代表理事の山内良信氏は、「これからも当検定を通じて、『くるま』そのもの、『くるま』の歴史、『くるま』と人の関わり、こういった面から、『くるま』のさまざまな魅了をお伝えしていければと思っています」と、「くるま」への思いを語った。

3回目の開催となる今回は、新たに経済産業省の後援を受け、2015年11月29日に東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、八戸の6会場で検定試験が行われる。

第3回くるまマイスター検定の実施概要は以下の通り。
受検の申し込みは、くるまマイスター検定の公式ウェブサイトから行うことができる。

検定日時:2015年11月29日(日)
2級/1級 開場12時30分 説明12時50分~ 試験13時~14時(60分)
3級/ジュニア 開場14時30分 説明14時50分~ 試験15時~16時(60分)
申込期間:2015年7月30日(木)~2015年10月28日(水)
実施級・受検料:
3級 4000円
2級 5000円
1級 6000円
ジュニア 2000円
併願割引(3級/2級) 1000円引き
学生割引(3級) 1000円引き(24歳以下の学生に限る)
家族割引 5%引き(2名以上の申し込みで同一住所に限る)
団体割引 5%引き(5名以上の申し込みに限る)
※各種割引の併用は不可
受検場:東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、八戸
受検資格:
3級・2級 制限なし
1級 2級合格者のみ
ジュニア 中学生以下のみ

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。